企業のホームページはどのように作られるのでしょう?

企業のホームページでは、
個人とは違い、
各担当者がそれぞれに作業をこなしていきます。

・ディレクター
・ウェブデザイナー
・プログラマー
・コーダー
・ライター

そして一つのホームページとして作られていきます。

私自身は、ホームページの作成は
独学で学んだもので今のところはっきりとしたことはわかりませんが
想像も交えながらまとめてみたいと思います。

なお、間違えている部分もあるかと思いますので
参考程度に見て下さい。

まず最初は、どのようにしてホームページを作るのかを
依頼者側と相談して話を進めていくと思われます。

その要望を
ディレクターから
各担当者につげられて作成を行うと思います。

そしてデザイナーがサイトのデザインを決め
そのデザインに沿ってコーダーがhtmlのコーディングを行い
そして、ライターがキャッチフレーズを考え
プログラマーがプログラムの流れを作るといったイメージになると思います。

企業のホームページは個人のホームページとは違い、
そのスペシャリストたちの技術が
寄せ集められた内容でつくられますので、
クオリティの高さは言うまでもなく素晴らしいです。

ホームページの依頼者側の立場

ホームページを作る際に、
どのように作るのかは、
口で説明するよりも
実際にあるサイトを見てこのようなつくりにしていほしいといった方が速いともいます

もし私が依頼者であれば、

どのように伝えれば簡潔になるか考えてみました。
一番手っ取り早い方法としては、
自分が尊敬するサイトを見てもらい
それに近いようなホームページを作ってもらうのが一番てっとり早いと思います。

いままで数あるサイトを見てきましたので、
自分が好きなサイトはいくつかあげることができます。

一人でこなすよりも

私は、サイトを作り始めて数年が経ちますが、
すべて一人で行おうとしてしまいました。

最初のころは、少し意地になっていた部分もあり
イラストもすべて自分で作ろうとしていました。

でも今では、ちゃっかりと「素材屋さん」から借りているしまつです。

一人で作業をこなうことは、大変な作業です。

一人であれもこれもと言っていたら時間がいくらあっても足りません
疲れもピークに達してしまうと思いますので

できるだけ利用と言っては
言葉は悪いかもしれませんが、

素材屋さんなどから借りれるものは借りた方が
完成度が高くなると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク