ペイントを使う

ペイントの使い方1

私流のイラストの描き方になります。

まずwindowsに備えられているペイントを使ってみたいとおもいます
スタート→アクセサリーからペイントを起動させます

ペイントの使い方2

まず木をイメージして作ってみたいと思います。
幹になる茶色で四角を描きます

ペイントの使い方3

それを塗りつぶします。
もちろん始めから塗りつぶした四角を描いてもよい事になります

ペイントの使い方4

次に緑で丸を描きます

ペイントの使い方5

その丸をコピー(複製)して
いくつか重ね合わせます

ペイントの使い方14

丸を重ね合わせた物と幹の部分を合体させます
合体させた物がこのようになります

ペイントの使い方6

もしバランスを考えて左右を同じにしたければ
半分を選択して切りぬき水平方向にひっくり返してくっつけます

ペイントの使い方7

水平方向にひっくり返したものがこちらになります。

ペイントの使い方8

これでは少し物足りないので
葉っぱになるように描きたいので
少し色を変えてエアーブラシ風に、吹きかけたいと思います

ペイントの使い方9

影をつけてみます

ペイントの使い方10

何かメッセージのようなものを入れたいと思います。

ペイントの使い方11

いらない余白をトリミングします。

ペイントの使い方13

トリミングとは、写真加工では、いらない部分を切り抜くことです

ペイントの使い方12

これで完成です

※注意点はホームページを作る際はなるべく実寸大にするようにします。
あまり画質にこだわらなければ別ですが
例えば横幅を300ピクセルで作ったのであれば、300ピクセルで表示させます。


リンゴの木

トリミング

トリミングとは
画像などの周囲の不要な部分を切り取る事を言います

ブログの記事で画像を使いたいと思っていたのですが
なかなか踏み切れずにいました。

本来ホームページ用に用意した写真を
少し加工して使おうと思い
まだ様子見の段階ですが記事に挿入してみました。

最近に「車がぬかるみにはまってしまった」と言った記事を書いたのですが、
そこで文章だけでは何か物足りないので
ホームページで使っている画像の一部をトリミングすることにしました

その画像を使って記事に挿入したところ、
記事の価値が上がったと思っています。

せっかくホームページ用として画像がたくさんありますので、
その画像を生かしていきたいとおもいます。
これがちょうど良い機会かもしれません。

保存形式はjpgでは、劣化をしていまいますので、pngで保存をします。

記事の内容のイメージを合わせた写真は、
その写真がないよりも写真があったほうが格段にページの価値をアップさせると思います。

この先、段取りなどの効率の問題で
変わる可能性はありますが、
気持ち的には「画像は使っていきたいな!」と言った感じです。

画像を使う上でサイズや、投稿方法などはどうするかを迷ったのですが
やはり手作業になりそうですね

サイズも正方形にしようか?写真風にするために横長にするべきか迷いました。
このさきの成り行きでもあるのですが、
どうするかを考えている段階です。

大きさを統一するべきか?
それともその記事に合わせるか?
今後の課題になりそうです

モザイクをつける

ペイントも使い方と工夫次第では、いろいろなことができます。
私がペイントソフトで使う戦法として紹介をしたいともいます。

【手順】

1.まずは範囲を指定してその範囲の割合を落とします。

2.その落とした範囲の割合を上げると「モザイク」がかかったように仕上がります

ぜひ一度チャレンジしてみてください


モザイクをつける

ブラシ

ペンキ

ペンキの塗ったイメージになります。

ホームページのカラーで少しかすれたようにだしてみました

もう少し取っ手の部分に丸みをつけたかったのですが、
いまいち決まりが悪く
手つかずのままです

エアブラシ

アレンジ方法2

エアブラシを使って草木を描いてみたいと思います
まず以前に書いた窓がありましたので
この窓を使って、窓から見える風景として草木を描いてみます

アレンジ方法3

まずはこんな感じに吹きつけていきます。

アレンジ方法4

少し草木風になってきたと思います

アレンジ方法5

実際では、もう少しいろいろな色が混じっているのよう見えますので
緑に近い色を混ぜてみたいと思います

アレンジ方法6

今度は光加減として白を混ぜてみます

アレンジ方法7

最後にもう一色入れてみます。
これで窓から見える草木に見えると思います

アレンジ方法1

ついでに実際のエアブラシの話も入れておきたいと思います。
今までにスプレー缶で何度も失敗してきましたので、その失敗談として
わかったことを載せたいと思います。
実際のエアブラシのコツは、塗る物に対して、適度な距離を保ちます
一回でぬろうと思わずに数回に分けて塗ります。
一回でぶあつく塗って終わらせようと思えば、仕上がりも悪くなります。
一回塗ったら、乾燥させて、また薄く塗って乾燥させてを繰り返すのがうまく塗るコツです


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ