ブログは書いてキーワードを増やすことが大事

ブログは書くことで、自然とキーワードが増えていきます。

もし、ブログでアクセス数を増やすためには、
やはり、ロングテールを狙い
記事をたくさん書くことをお勧めします。

いまや検索からの流入は切っても切り離せない存在です。

たとえば何かを探すときに、
検索へのキーワードはどのようにしていますか?
私の場合ですが
検索をかけるときは、だいたい、複数の単語を折り混ぜることが多いです
情報を細かく絞ることで、よりその情報をみつけやすくなります。

たとえば、こんな記事を書いた例としてみます。

今現在、山崎の食パンについているシールをためています
このシールの点数は25点ためると、「春のパン祭り」と題して
大きいモーニングボールがもらえます。
サイズは直径が18センチで
高さが4.8センチとなっています。

期間は2013年の2月1日から4月の30日までで
景品交換は2月の1日から5月の12日までとなっています。

このような記事を書いて、もし
検索をかけてくる人が、

「食パン シール 点数 期間」
などと検索にかけた場合に、ヒットする確率が高くなります。
それだけ、キーワードはふんだんに使うほうが良いと思います。

この記事の場合ですと将来性はないかもしれませんが、
このように、普通に情報をこと細かく載せることで、
検索にヒットしやすくなると思います。

ロングテール

ロングテールとは
インターネットの物品を販売する方法のひとつとして使われる言葉です。

商品の売上数のグラフが恐竜のしっぽに似ていることから
ロング(長い)テール(尻尾)と呼ばれています。

私自身は、ロングテールは
駄菓子屋をイメージしています。

駄菓子屋では、数ある商品をそろえていて、
安い商品をたくさん売ることで、
経営が成り立っています。

【ブログを書く上では、ロングテールを意識するべき!】

常に意識していることは、ブログを書くときは、

「ロングテールを意識する!」と言ったことです

言いかえれば
「大きい言葉よりも小さい言葉を組み合わせて狙う!」

そのためには、ブログの記事を書くことは
絶対条件になります。

アクセス解析のデーターを見ると
いろいろな組み合わせの単語を使って、
インタネットを利用する人は
検索をかけてきます

たとえば、

「物知り 雑学」
となった場合には、

より多く、「物知り」や「雑学」と言った言葉や
それに関連する近い言葉などが、
ページで使われていなければなりません。

普段使わないような言葉や
使ったことがない言葉でも
意識をしながら、「ふんだん」に使うようにします。

そうすることで、思わぬ形で検索からの
訪問者を獲得できる事になります。

ロングテール狙い

ロングテールでアクセスアップをはかろう!

ビッグワードでアクセスを集められることが
理想なのですが

それそうの記事数や専門性などが必要になってきます

それであれば
キーワードを複数使った
ロングテールでアクセスを望む方が良いかと思います

いわば庶民的と言ったような感じです

そこで
検索をかけたときに候補として挙がる
キーワード
例えば
AKB 卒業
などが候補に挙がっていたとします

そうした内容のもとやこれから先、
検索候補になりそうな
言葉を先取りして記事を書くことで
アクセスアップが期待できるかも知れません

そのロングテールのコツは
なにより記事を書くことが大事です
とにかく記事を書くことで
自然とキーワードが増えますので

そのキーワードを強調して
何度も使ったり
専門的な用語や流行っている言葉、トレンドを
意識して使うようにすることが検索の
ヒットにつながる可能性が高くなります

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク