長い長い文章

ブログで検索の上位に表示されているサイトは、
とにかく長い長い文章が目立ちます。

中身を見てみると、
もちろん良い記事は書かれているのですが、

とても読み切れないほどの量が書かれているサイトもあります。

「これはユーザーよりも検索が好んでいるのではないのか?」と
見てしまうことがあります。

文字数も軽く2000文字を超えています。
自然と閲覧時間も長くなりそうですね!

読む側にとっては、
「記事数ってどのぐらいが読みやすいのでしょうね?」

私自身であれば10分程度なら心地よく読めるような気がします

良い記事であれば「長い文章もある程度は読めるのですが」
それでも記事が長いと途中でリタイアしてしまうことがよくあります。

自分では「長い文章を書きたいとは思っているのですが」
なかなか、気持ちがのってくれません。

私向きではないのかもしれませんが、
こんど長い文章を意識しながら書いてみようかと思います。
「時間がかかりそうだなぁ」

長い文章はのちにあきる?

ブログなどで記事を書く場合に
長い文章にするべきか?
それとも短い文章にするべきか?
を迷うことがあります。

世間の人はどちらを好むのでしょう?

私個人としては、短い文章のほうが好きです。

長い文章で良い記事が書かれていた場合に、
一度で読めない場合は、
またいつか読み返しに行くと行った行動をとることがあります。

以前にオセロ必勝法と言うサイトを作るときに
一ページで収めようか?
それとも分割をしようか?
迷ったことがあります。

本来は一ページ内で収めたかったのでが
ページの負荷と、読みにくさから3ページにすることに決めました。

オセロ必勝法

できれば、まとめあげて一ページ内で収めたかったのですが、
最終的には分割をとる手段を選びました。

おそらくは一ページにおさめたらページの速度がかなり遅くなると思います。

よくブログなどでも、長い文章で記事を書いているサイトを見かけます。
その内容を読むと、
無理に長くしようとしているサイトもあります。

ページのボリュームを上げるためなのか?
それともキーワードを詰め込みたいだけなのか?はわかりませんが
何かしらの理由があるのだと思います。

ですが無意味に長い文章では
読者離れが進んでしまうかもしれません。

やはりバランス的にも、伝えたいことが明確であれば
短い文章でもじゅうぶんにページとして成り立ちます

あまりにも短すぎる文章ではよくないとはおもいますが、
無理に長くすることはさけたほうがよいです

以前に面白いブログがあり
定期的にみていたのですが
いつの間にか見なくなってしまいました

そのサイトは
面白いブログではあるのですが
長いといった特徴があります

だんだん見るのもめんどくさくなってしまいました

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク