デザインも大事【サイドバー】

まずはサイドバーとは何?
サイドバーとはパソコン領域の右端に表示される領域の部分を表します
ホームページなどでは左の領域の部分も「サイドバー」と呼ぶ人もいます

ブログなどでは、
色々とサイドバーにつけられる物がたくさんあります。
自分好みにするのもよいとは思いますが、

閲覧する側からの見ての意見として、
いくつか言いたいと思います。

これは批判ではなく一意見として述べたいと思います。

まず、ブログなどを訪問して、
天気やカレンダーがあるページがよくあります。
更新が滞っているブログでは、
ただのカレンダーに過ぎません

せっかくの領域がもったいないかもしれません。

もちろん役に立つ部分もあるとかと思いますし、
自分でもつけていた事がありました。

ですが、
「途中でその領域がもったいないなぁ」と感じて取り外しました。

閲覧している人は、本当に天気予報を見たいのであろうか?
立派な天気予報が他のサイトにもあるのに、
わざわざ見ず知らずのホームページを見て
その天気予報を本当に信用してよいのであろうか?

私が、以前に思った事ですが、
天気予報をつけていたサイトに何度か
記事を見たくて訪れた事があります。
ですが、だんだん記事を見るのもめんどくさくなってきました。

その理由として
少し読みにくいと以前から感じたからです。

もし良い記事を書いても、
そういった理由から離れてしまう人もいるかもしれません
これは大変にもったいない事だと思います。

一人でも多くの人に
心地よく見てもらうにはデザインも大事だと思います

もちろん、カレンダーも使いやすければ
効果はあると思いますが
もし邪魔になりそうであれば
はずすのも手だと思います

カラム

カラムとはページの構成を表します。
実際の意味としてはカラム(column)自体は列を表す言葉になります
メニューが左にあり本文が右にあるのであれば左2カラムと呼ばれます
両サイドにメニューがあり本文が真ん中にあるのであれば3カラムとなります。
どれが良いのかは、ホームページの内容にもよりますが、
もしナビゲーションをつけつつも記事を目立たせたいのであれば
右2カラムなどが良いのかもしれません。

カラム

ブログサービスを行っている。
例えばfc2やシーサー、忍者
CMSではワードプレス、ムーバブルタイプなどの
ブログを新規作成する画面では、
左にメニューがあり右に投稿画面があります。(2012年)
やはりこのスタイルがユーザーにとって使いやすいので、
この配置になっていると思います

ヤフーの広告

ヤフーのトップページに時折、両サイドに広告が出ることがあります。
率直な意見としては、

シンプルな広告ですと、そんなに気にはならないのですが、
あまり派手目の広告が入ると、
若干、うるさいような感じがします

ヤフーと言えば、両サイドに余白がある事で
見やすのイメージがあったのですが、
個人的な意見としては、できれば
両サイドの余白はないほうが好きです

どうも余裕がなくなると圧迫感が出てしまうような気がします。

いっぱい情報を載せたいのはやまやまですが
そこを我慢して
ページ分けすることで
見やすさが強調できるのではないかと思います。

でもどうしても
そこで伝えければならない時は
無理にでも載せることも大切だとも思っています。

求人広告を見て思ったこと

ちょっと前までと比べると、
「求人広告」もずいぶん変わったような気がします。

以前は、文字ばかりで、会社のロゴが目立つ程度でしたが、
最近の求人広告は、ふんだんにイラストや
写真などの画像が使われていて
断然に見やすくなっていると感じます。

よくユニクロの広告を目にします。
ユニクロの広告は、余裕すら感じさせられます。
余白が多く、とてもシンプルで見やすいです。

広告を出す側としては、できるだけ情報をたくさんに
載せたいと思います。でもあえて
そこを抑えるのも手の一つなのかもしれませんね。

ホームページに例えても、文字がぎっしり詰まった
ホームページでは、読みにくいとイメージを与えてしまいます。

やはり、文字が詰まっていると全体的に窮屈と感じてしまいます。

新聞の広告

今日新聞を見てみると、番組欄がいつもとはちょっと違っていました。
その番組欄は通常よりもさげられて
上には広告がでかく載せてありました。

k010

なかなか見慣れない光景でしたが、
見やすさの点では、悪くはありません。

多分ですが、普段ホームページを見ている影響なのかもしれません。
最近では、このようなホームページをよく目にしますので
馴れているせいもあるのかもしれません。

もしホームペーを普段見ない人がこのような配置を見たら
どういった感想なのでしょうね

新聞

昔では、新聞と言えば白黒のインクで印刷された新聞が特徴的でしたが
最近の新聞を見ると所々にカラー印刷が目立ちます
いずれは、白黒ではなくカラーが主流になるのかもしれませんね

番組欄の時間帯の部分もカラーとなり、とても見やすくなっています。
そして四コマ漫画もカラーとなり
すこしづつ全体的にカラー化しているような気がします

やっぱり色使いは大事で、
区切り、区切り部分で使うと
見ている人にとても見やすいと思います。

自分でもサイトつくりなどで、
わかりやすくするために気をつけている部分です。
ちなみに私のホームページでよく使う色は、
灰色で特に灰色は無難な色だと思っています。
ですので私自身は灰色を好んで使うようにしています。

最も気を遣う色としては、
黄色を使う時は、特に注意をはらいます。

マーカーなどでは、黄色はとても見やすくさせるイメージがありますが、
使いすぎると、全体的にうるさくなってしまいますので、

使うときは、時間をおいてみたときに
違和感を感じないかをチェックをしながら修正を行います。

週間雑誌

新聞などで見かける雑誌の表紙は、
文字を詰め込み過ぎてるわりには何故か見やすく感じます。

何故見やすいのでしょう?
背景がゼブラ模様(シマウマの縞模様)のようだから
見やすいのかもしれません。

もし背景が同じであると、少し見にくいかもしれません。

ノートなどでも一段一段背景が違うものがあります。
あれは、とても見やすく、自分がどこまで読んだのかが
解りやすくなっていて足跡的な存在になっていると思います。

バナー広告の値段

バナー広告の値段ってどのくらいなのでしょうね?

「日本海新聞」と言ったサイトのページの例では、
大体の金額が出ていました。
場所によって金額が変わることがわかります。

日本海新聞

この例では目安として、月約5000円から約50000円となっています
これも月のページビュー数によって変わってくると思います。

やはり目立つところはそれなりの金額になっています。

そしてスクロールする位置によっても変わってくることがわかります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク