エックスサーバー【レンタルサーバー】

まずはレンタルサーバーとは何?
レンタルサーバーはインタネットに情報を配信するサーバーを
借りると言った形になります

高性能のレンタルサーバーと言えば、
エックスサーバー(Xサーバー)と言われるぐらいに
評価、評判が高いサーバーです。

今のところ(2012年)では
プランも三つあり
安い物では、1050円と、レンタルサーバーとしては
若干に値段がはりますが、
使ってみた印象としては、
納得の値段です。

エックスサーバーのホームページ

パネルもとても使いやすく、電話サポートもあります。

エックスサーバーを選ぶ理由

管理しているホームページをエックスサーバーに
引越しをする事にしました。

かねてから定評の高いエックスサーバーですが、
実際に移転をしてみて解った事は、
安定度がすごいと実感します。

値段は少し張るのですが、
その料金以上に、良い満足度ではないかと思っています。

最初は、料金的にロリポップの「チカッパ」プラン

月額525円(執筆時点)
魅力的で
だいぶ迷ったのですが

最終的に行きつくであろうエックスサーバーに決める事にしました。
エックスサーバーでは、料金的には、チカッパプランの
倍の値段になります。

サーバーの移転は、かなりめんどくさい作業なので
出来るだけ引越しの作業はおこないたくはありません

自分の性格上にエックスサーバーには最終的に
行くつくサーバーだと思っていましので、
その事を踏まえて、ロリポップはやめて
エックスサーバーへと決断をする事にしました。

ひとつのサーバーのリスク

前回の記事で、
ドメインの管理やサーバーは一つにまとめておく方が
管理がしやすいとお話をしましたが、
良い点ばかりでもありません。

リスクとしては、もし何か起きた時に
すべてに影響が出てしまう事があります。

何かに例えるなら、
「合い鍵を10本持っていて、同じ袋にまとめて入れておき
その袋ごと落としてしまった」と言った感じになります。

分散しておけば、そのような事にはなりません。

どちらを選ぶかは、
そのことを踏まえて選ぶようにした方が良いと思います

私自身は、まとめることにより作業効率が間違いなく上がっています。

ドメインネームシステム

DNS (Domain Name System)ドメインネームシステムとは
IPアドレスとドメイン名を相互に変換するデータベースになります

呼び方としてはドメインネームサーバーとも呼ばれる事があります

サイトを運営する際にサーバーとのやり取りで
登録を行ったり設定を行うのですが
その時の設定がめんどくさかった記憶があります

ドメインを取得してレンタルサーバーに位置づけを行うのですが

なかなか浸透してくれず反映するのに時間がかかりました

ウェブサイトを自分で管理すると
色々と学ぶ事がたくさんあります

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク