書体の見極め

イラストを始める前に、最初の段階で覚えておいた方が良い事の一つとして、
書体を覚える事をお勧めします。

看板風やポスター風、色々な所で文字が登場すると思います。

そんな時に、どの文字が適しているかを見極めることも大事だと思います

書体

【ゴシック体】

一般的な文字です。
柔らかいイメージがあります

書体1

【明朝体】

新聞などで見かけた事はるのではないでしょうか?
少し硬いイメージがあります

書体2

【魚石行書】

魚屋さんで使いそうですね

書体3

【江戸勘亭流】

古風な感じがします

書体4

【祥南行書体】

字がうまい人が書きそうなイメージです

書体5

【富士ポップ】

スーパーなどのポップ調の文字で見かけた事はあるのでないでしょうか

書体6

【有澤行書】

習字の見本になりそうな文字です

書体7

【麗流隷書】

こういったのがポスター向きかもしれませんね

書体8

【ペン字】

メモ帳に書きしるした文字のようです


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ