イラストの描く時間

金魚

くだらないポリシー
私自身がイラストを描くうえで心がけていることがあります。それは時間をかけないことです。
イラストに時間をかけるよりも正直な話、本文(文章)に時間をかけたいと思っています。
少し描いてみて、難しそうであれば、素直にやめるようにしています。

この金魚は五分程度で描きました。
金魚を伝えたいページがありましたので、急きょに作ったイラストです

デメキン

イラストはあくまでもイメージを伝えるために作っています。
赤なのか白なのか、黒なのか灰色なのか、四角なのか丸なのかを伝えたいときに使うようにしています。

これは金魚を黒くして少し加工をしてデメキン風に仕上げたイラストです。
いつか、デメキンに関連した記事を書くときに使いたいと思います。


使い回し

アレンジ方法1

イラストは、ある程度増えてくると、使い回すこともできるようなります

アレンジ方法2

矢を分割して、ハートをつぎ足せば矢が刺さったように作れます

アレンジ方法3

こんどは風船に何かアレンジを付け加えたいと思います。

アレンジ方法4

まず風船の色を変えて紐の部分に手紙を巻きつけたようにしました

アレンジ方法5

印鑑を押したイメージです

アレンジ方法6

かすれた感じに仕上げるばあいは、適度にエアブラシ風に吹きかけます

アレンジ方法7

朱肉の色を変えれば
黒のスタンプ風になります


【アドバイス】
イラストもある程度に増えると使いますわす事が出来ます。
これは、素材屋さんから借りているアイコンですが
どちらも同じもとの素材を使っているような気がします

時計
矢印

虫眼鏡

虫眼鏡のイラストです。

虫眼鏡

外側に見える文字とレンズから見える文字を変えて

遠近感を出しています。

レンズから見える文字は少しだけ大きくしてあります
それと反射加減を出さないと殺風景な仕上がりになります

アレンジ

水をイメージさせて金魚などを描いてもよいと思います

金魚

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ