タグと要素

ホームページを作るためにはタグを覚えなくてはなりません。

「文字のサイズや色を決める」「線の長さや色をつける」

「写真を挿入して、位置を決める」などタグで指定をします

例えば



<div style="position:absolute; left:600px; top:200px;">
<img src="newdir/gazou.jpg" width="200" height="100">
</div>

のように書かれていた場合には、
newdirのフォルダーにあるgazou.jpgの画像を
横は600の位置と縦は200の位置へと表示してと言った指定になります

位置

要素

htmlで使われるタグとは
< ~ >で囲まれた部分を言います

それぞれに開始タグと終了タグがあります

中には
<img>

<br>のように、

終了タグがなく
開始タグしかないものは「空要素」と呼ばれます

要素

要素

id名やclass名をつける時は要素に指定します
要素とは
開始タグ~終了タグで囲まれたすべての部分です

要素へID

id名に「dr」と指定した例です

このエントリーをはてなブックマークに追加
    


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ