カテゴリ

カテゴリとは種類、範疇(はんちゅう)を表します

つまりは
その種類に分けるという事です
車は車のカテゴリであり
電車は電車のカテゴリになります

サイトをうまく構築するには
カテゴリを分けると良いとされています

一つ下のカテゴリ(子カテゴリ)
二つ下のカテゴリ(孫カテゴリ)
とうまくわけることで検索に伝える事が出来ます

もし色々な話題が混ざっていた場合には人間も同様に
「このサイトは何を扱っているのだろう?となってしまいます

八百屋なのか魚屋なのか?
野菜を扱っているのかそれとも魚を扱っているのか?

そうならないためにもカテゴリーはしっかりと
振り分けないとダメてす。

スポーツの場合
野球であれば野球の話題を!
サッカーの話題であればサッカーの話題を入れるようにして
うまくカテゴリ分けをすることで
自サイト全体の検索の評価を上げる事が出来ると思います

ツリー構造

ホームページを作る理想ですが、フォルダやテキストはツリー構造で作り上げます。
トップページをてっぺんにして、関連性のあるものはリンクしあいます(行き来できるようにします)

ページ数が多くなるのであれば、フォルダの中にフォルダを作り
階層構造にした方が検索エンジンに好まれます

フォルダの中にフォルダ


入れ子

そもそも入れ子とは何?
入れ子とはサイズが違うものを中へと入れて行く事を
「入れ子(ネスト)」と言います。

形は同じなのですが重箱のように大きさが違うために
効率よく入れ子にする事が出来ます

例えばホームページ作りでフォルダーを作る際に
カテゴリーを入れ子状態にする事があります。

スポーツにちなんだホームページを作るために
「スポーツ」と言ったカテゴリーのもとでフォルダーを作ります

ですがスポーツとなると
たくさんの種類があり
これではものすごく幅広くなってしまいます。

そこでスポーツのフォルダーの中に野球やサッカーのフォルダーを作ることで
その話題をそのフォルダーに収める事が出来ます。

もし野球でも、プロ野球の話や草野球の話をしたければ、そのフォルダーの中に
「プロ野球」と「草野球」のフォルダーを作っていきます

ごく簡単なcssの説明

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ