カテゴリ

カテゴリとは種類、範疇(はんちゅう)を表します

つまりは
その種類に分けるという事です
車は車のカテゴリであり
電車は電車のカテゴリになります

サイトをうまく構築するには
カテゴリを分けると良いとされています

一つ下のカテゴリ(子カテゴリ)
二つ下のカテゴリ(孫カテゴリ)
とうまくわけることで検索に伝える事が出来ます

もし色々な話題が混ざっていた場合には人間も同様に
「このサイトは何を扱っているのだろう?となってしまいます

八百屋なのか魚屋なのか?
野菜を扱っているのかそれとも魚を扱っているのか?

そうならないためにもカテゴリーはしっかりと
振り分けないとダメてす。

スポーツの場合
野球であれば野球の話題を!
サッカーの話題であればサッカーの話題を入れるようにして
うまくカテゴリ分けをすることで
自サイト全体の検索の評価を上げる事が出来ると思います

ツリー構造

ホームページを作る理想ですが、フォルダやテキストはツリー構造で作り上げます。
トップページをてっぺんにして、関連性のあるものはリンクしあいます(行き来できるようにします)

ページ数が多くなるのであれば、フォルダの中にフォルダを作り
階層構造にした方が検索エンジンに好まれます

フォルダの中にフォルダ


入れ子

そもそも入れ子とは何?
入れ子とはサイズが違うものを中へと入れて行く事を
「入れ子(ネスト)」と言います。

形は同じなのですが重箱のように大きさが違うために
効率よく入れ子にする事が出来ます

例えばホームページ作りでフォルダーを作る際に
カテゴリーを入れ子状態にする事があります。

スポーツにちなんだホームページを作るために
「スポーツ」と言ったカテゴリーのもとでフォルダーを作ります

ですがスポーツとなると
たくさんの種類があり
これではものすごく幅広くなってしまいます。

そこでスポーツのフォルダーの中に野球やサッカーのフォルダーを作ることで
その話題をそのフォルダーに収める事が出来ます。

もし野球でも、プロ野球の話や草野球の話をしたければ、そのフォルダーの中に
「プロ野球」と「草野球」のフォルダーを作っていきます

ごく簡単なcssの説明

構想をねる

ブログやウェブサイトを作るのであれば
まずは構成を考えてから
しっかりとしたサイトを作ることをお勧めします

たとえばですが
「ブログを作ろう!」と言った場合に、
どういったブログを作ろうか?と悩むことだと思います。

とにかくジャンルは問わずに作る際は
うまくカテゴリー分けをすることをお勧めします

そのカテゴリーですが
ピラミッド型がよいとされています

一番上にトップページを置き
そこから展開をしていく形になります

たとえばスポーツに関することであれば
サッカーや野球、バスケットなどのジャンルに振り分けます

そしてサッカーの話題であれば
サッカーのカテゴリーに属するようにさせます

これできれいに振り分けられると思います

私のウェブサイトの場合には
適当に作ってしまったために
ごちゃごちゃとしたカテゴリー分けになってしまっています
自分では把握しているのですが
検索エンジンにとってはあまり良くない構想だと思います

たとえばですが
同じフォルダーに
八百屋と魚屋が一緒に混じっているような状態です
これではあまりにもよくない状態だと思います

少し前ではリンクをたどらせるには
3クリックぐらいがよいと言われていましたが
いまは検索からの集客が多いと思いますので
あまりこだわる必要はないと思います

ですがあまりにも深くするのは良くないと思いますので
ほどほどな階層がよいのではないかと思います

それよりもカテゴリー分けをしっかりるすことを考えて
作ることをお勧めします

きちんと整理されたファイルは
取り出しやすくなることだと思います

これからサイトを作るのであれば
商店街をイメージして
おなじジャンルの物は同じジャンルにするようにした方がよいと思います

八百屋は八百屋のフォルダ
魚屋は魚屋のフォルダ
本屋は本屋のフォルダ

たとえばですが
郵便局に例えきっちりと市町村ごとに振り分けられた手紙は探しやすいです
その点、適当に都道府県ごと分けられた場合にはゴチャゴチャして探すのが大変になってしまいます

フォルダの名前

私自身は、フォルダの名前などを考える時に
心がけていることは
時間をかけないということです。

迷っている時間があったら
その時間を他に回したいと言った気持があります。

どうしても重要なフォルダ名にしなければならない限りは
適当につけるようにはしています。

ちなみに時間としては
だいたい10秒ぐらいのインスピレーションできまるのではないでしょうか?

もし思い浮かばない時は、素直にローマ字などを使っています。
【追記】
しかしドメインなどの人の目に多くふれる場合には、
時間をかけて考えるようにはしています
例えば
私のブログになりますが
サブドメインとしてwebとして使っています。

http://web.mezasou.com

最初の数日はwebではなくblogとして使っていましたが
急きょwebに変えることにしました。

できればブログ形式なので、blogが良かったのですが
例えば50歳ぐらいの年代の人がホームページのアドレスを見たときに
blogとwebはどちらがより伝わるであろうか考えました。

コマーシャルや新聞などで、「つづきはウェブで」なんて言葉を
聞いたことがあるかと思いますので
すこしは身近に感じると思います

ちなみに
WEB(ウェブ)とはいわゆるホームページの事を意味しています。
そんな事も思いつつ
blogよりもwebのほうが一般的に親しみやすく感じるかと思います。
文字数的にも
blogのばあいは四文字で
webのばあいは三文字になります。

そんな事も考えながら最終的にwebに決定する事にしました。

【追記】
http://web.mezasou.comは削除しました
理由は
個人的にサブドメインは管理がめんどくさくなったからです

フォルダ名

フォルダーの名前を考えるときに、
使う手としてまとめておきたいとおもいます。

フォルダーやファイル名を考えるときは、
深く考えすぎるといつまでも決まりません。

その時は、なるべく身近な物を、考えるのですがそれでも
なかなかピンとこないときがあります。

そういった時に、候補の一覧として
競馬の馬を参考にする事があります。

例えば
ディープインパクトであれば
「ディープ」「インパクト」など
インパクトなどをアドレスに含めると
格好がつくかもしれません。

私の一番好きな馬、ブロードアピールでは
「ブロード」「アピール」なんかも響きが良さそうです

http://mezasou.com/appeal

その他
ナリタブライアン
サンデーサイレンスと挙げたらきりがありません

その馬からヒントを得る事もあります
例えば
テイエムオペラオーでしたら「オペラ」なんかも良いと思います。

これは、ファイルやフォルダー名には限らないのですが
競馬の馬名からヒントを得る事がいろいろとあります。

サブドメインとサブディレクトリ

サブドメインとサブディレクトリでホームページを作るのであればどちらがよいのか?

これはそのサイトの作りにもよるのすが、

どちらが良いというよりも、

どちらが管理しやすいかと言うと「サブディレクトリー」だと思います。

この質問では、多くの方たちが、

サブディレクトリーを「推奨」しているのをよく見かけます。

以前は、「サブドメインのほうが検索に強い」という声もありました。

例えば私のサイトで言うと
http://mezasou.comにohelloと言ったサイトを作ったとします。

サブドメインで作る場合には、
http://othello.mezasou.comになります。

サブディレクトリーの場合では
http://mezasou.com/othelloになります。

サブドメインとサブディレクトリ比較

私が、今作っているサイトは、
サブディレクトリで作る方が多く

もしこれがサブドメインで作っていたのであれば、
「かなりややこしい事に」なっていたと思います。
おそらくは、かなり効率が悪かったと思います。

もし管理を頻繁に行うのあれば

サブディレクトリーで管理をする方が楽だと思っています。

何故サブディレクトリーの方が管理がしやすいか?

それはサブドメインの場合には、全く別物のドメインになります。

いわば、ドメインが二つあることになります。

二つのものを一緒に管理することは大変な事です。

例えば「ビル」か「団地」が建っていたとしたとします。
サブドメインの場合には、団地自体が違う号棟などので

もし回覧板があったとし場合に、
サブドメインの場合には、

ほかの棟へわざわざ渡しに行かなくてはなりません。
その点サブディレクトリーの場合は、同じ棟なので
渡しに行く時間も手間もかかりません。

それをフォルダに例えるとサブディレクトリーの場合には、
同じフォルダ内にあります。
サブドメインの場合には、違うフォルダーにあります。
もしそれを行き来するのであれば、
時間や手間もかかってしまうと思います。

サブディレクトリーの場合には、内部のディレクトリー内であれば
相対パスで管理もできます。
その点サブドメインはドメインを越えなくてはなりません

私は、以前にサブドメインで作ったサイトが二つあります。

その一つを例にして紹介したいと思います。

そのサイトは
「オセロ」に関する事を載せているページです。
これは初めから放置する予定でしたので、
今は手をつけることがありません。

かたや
似たようなつくりでサブディレクトリー
で作ったサイトもあります。

名前はreversiとなっていますが
こちらもオセロ(othello)にちなんだ内容となっています。

これを比較すると、管理の面ではサブディレクトリーのほうが管理がしやすいと感じています

フォルダの使い分け

画像などを管理するときに、
「写真は写真」
「イラストはイラスト」となるべく分けて管理をするようにしています。

そうすることで管理がしやすくなります。

たとえば
newdir1とした場合には、写真を専用にして
newdir2とした場合は、イラスト専用、
newdir3は画像を加工した物専用に、
newdir4はキャプチャ専用と、
各フォルダーには役割を持たしています

これだととても管理がしやすいです。

最初のころは
すべてごちゃごちゃにしていたのですが、
そのフォルダを開くと、
ため息が出るほど、わかりづらくなってしまっていました。

もしサイトを作るのであれば
しっかりとフォルダーを分けることをお勧めします。
そのフォルダーにも
あまりにもたくさん入れてしまうと管理がしづらくなってしまいます。

ちなみに私は一つのフォルダーに
多くても1000ぐらを目安としています

これでも少し多いような気がします

名前付け

画像などをつける場合として、
「私が良く使う方法として」紹介したいと思います。

画像などを番号で管理するときは、
後々、同じ番号がかぶってしまっては
大変なことになってしまいます。

そのために、
たとえば二つのフォルダがあるとします。
片方には
三桁の数字を
001とします。
もう片方のフォルダには
00001から始める五桁の数字をつけます。

これで10000まではかぶらなくなります。

私自身は一つのフォルダに1000ぐらいのファイルを
収めることを目安にしていますので、
0001と四桁でもよいのですが、
念のために五桁にしておけば安心です。

間違いやすいのは避ける

ホームページを作っていて
フォルダやファイルなどを作る際の名前には
アルファベットのエルやオーは
なるべく避けるようにしています。

アルファベットのエルは数字のイチと間違いやすいですし
オーはゼロと間違いやすいので、
どうしても使わざる負えない時をのぞいては
使わないようにしています。

l=1
o=0

ホームページを作成していると、
インデックスファイルをよく修正することがあります。

そのインデックスファイル(index)を編集する際に
同じフォルダ内に、インデックスの頭文字のiである文字をつけてしまうと
iを選択した時に、一緒に候補として挙がってしまうので
今までにiを使うことを避けていました。

それとこれはhtmlのタグになりますが、
私自身は、よく名前を付ける際に
a1やb3などアルファベットの頭文字と名前を組み合わせてつける癖があります。

その際に
単品のタグであるaやhも
紛らわしくなりますのでid名やclass名などでは
使うのは避けたほうがよいとはおもいます。

その他と言えば、
xは罰をイメージしてしまいますので、
極力避けて
noはナンバーとも読めますが、
「ノー」と言う意味合いもありますので
使うことは極力に避けています

ファイル名に連番をつける

ファイル名に連番を付ける事が可能です

たとえば、フォルダの中に
写真の画像がたくさんあったとします。

その名前を一つ一つ手作業で変えていては大変です。

そこで
FileRenを使うと一気に変えることができます

手順としては
1.FileRenと言ったソフトをパソコンに取り込みます。
2.取り込みましたら変換をする設定方法を決めます

たとえば
ファイル名を5からはじまえる
連番にしたければ、

始まりを5にして設定をします。

そのほかに
何か最初につけたければ
その設定を付け加えます。

【例】
bookをx5へ
postをx6へ
penをx7へ

これが一瞬で行えます

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ