サイト作りはオリジナルな説明書

オリジナルな説明書作りとは:自分なりの「説明書」を作ると言う意味です
ホームページで閲覧数を増やすには、
どのような内容にするのが好ましいでしょうか?
その答えの一つとして、
「説明書的な」内容が挙げられます。

本

説明書的?
説明書的とは、説明書をさらに説明するといった感じになります。

その説明書はいがいにユーザにとって好まれる事があります。
「付属してきた説明書やトラブルシューティングを見てもさっぱり理解が出来ない」

説明書と言えば、今までに色々とみてきましたが、
中には「これが説明書」といった内容のものもありました
作りが雑というか、コストを抑えるためかは解りません

そんなときにホームページ上でもう少し解りやすく
説明したページがあるとすごく助かる事があります

例えば、電気製品の設置方法をホームページ上で公開している人がいました。

そのページは写真などをふんだんに使い驚くほど解りやすかったりします。

そのページを見て思う事は「この人の説明解りやすい!」と言った感想を持ちます。

そのページは上位表示されています。
私だけではなく、他の人もそう思っているとことは間違いありません
その人の、ホームページを見るとそのページだけではなく違う種類の説明でも
同じように解りやすかったりします。
きっとセンスもあると思うのですが、作りが丁寧ですのでより解りやすいです

これからもし、ホームページを作るネタがなくなった場合には、
そういったページを作ることも視野に入れてい見てはいかがでしょうか?

もし説明書を作るのであれば、イラストやグラフ、背景、文字の装飾などをふんだんに使い
解りやすいオリジナルの説明書を作る事をお勧めします

【以前にこんな事がありました】
カメラのシャッターボタンを押そうとしても、反応がありません。
どうやら壊れてしまったのでしょうか?

そして画面には「ライトプロテクト」と表示されています。
色々と説明書を読んだりとしてみたのですが

結局解決策は見つからずに、途方に暮れていました。
その時に最後の手段として検索に、

「ライトプロテクト」と検索をかけたら、
同じ症状で、解決策を求めていた人が
質問サイトに投稿をしていました。
その結果、どうやらSDカードにロックがかかっていたようです。
検索もピンポイントで見つかると非常に助かります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ