目印をつけて見やすさと効率化をアップ

ホームページを作る中で、記号を使うことがよくあります。
記号は使うことで一段と文章が読みやすく解りやすくなると思っています。

そして、さらに解りやすくするためには、
記号の代わりとなるイラストを使うようにしています。

そうすることで、また違った表現ができると思います。

ボタンナビリストナビ次のページナビナビゲーション用ボタンナビ先頭へナビ用イラスト目印ナビ用矢印ナビナビゲーション用

私自信は、そのイラストは見せるためでもあり

もう一つの役割としては自分で解りやすくするためでもあります。

そうすることで、少しでも作業の効率があがっていきます

ここでは、その使い方と役割を私なりではありますが説明をしていきたいと思います

ボタンナビ
まずは、これはリンク用として使っています。

もともとは、グラデーションをかけていなかったのですが

最終的にはグラデーションをかけて使うようになりました。

見た目から「鉄砲玉」のように見えますので、単発のリンクとして使うようにしています。

ボタンナビイラストにはグラデーションを使う

箇条用イラスト
これは普通の記号にある、四角の記号と変わらないのですが、
少し影をつける事でアレンジを加えています。
役割としては、まとまったリンクを表す時に使っています。
それと色も多数用意してあります

次のページナビ
これは次のページへと誘導するために作ったイラストです。

ナビゲーション用

この矢印の記号を使うときは、一列にまとまっているリンクを

横に見てほしくて使っています。

そして色はなるべく緑色を使うようにしています。

その理由として、赤は危険そうなイメージがあります。
特にリンクを貼る場合には、その先が危険なサイトと感じるかもしれません。

閲覧者の方に少しでも安心できるように緑色などの安全をイメージできるような色を使うようにしています。

ボタンナビ先頭へ
これはページの先頭へと誘導するときに使うようにしています
文字だけではイメージが伝わりにくいと思いますので矢印でナビゲートしています

ボタンナビ先頭へ
このページの先頭を戻る

目印ナビ用
これはページの先頭へと誘導するときに使うようにしています
文字だけではイメージが伝わりにくいと思いますので矢印でナビゲートしています

矢印ナビ
これはしおり的に使っています。
花をイメージして作りました。
と言うよりも、ただ記号の色を変えただけです。

ナビ用イラスト1


これは色を照らし合わせるときに使っています。
もともと=を縦にしたようなものでしたが、アレンジを加えてこのようになっています。

記号の使い方のルール

ナビ用イラスト1
これからもこういったイラストは増えていくかもしれません。
それとここで紹介したイラストも
役割や使い方に変更があるかもしれませんので、
このさき使い方など変わっているかもしれません。

使い方は自分次第なので、
オリジナルなホームページ作りを目指していきたいと思っています。

一度、是非まねをして作ってみてはいかがでしょうか?
きっと良い作品が出来上がると思います。

もし上の物でよいのがありましたら、ダウンロードして使ってもよいです。
画像の上で右クリックをして名前を付けて保存で自分のパソコン内に取り込めます。

このページ内のものでしたら使ってもよいのですが、ほかのページのものでは
私も素材屋さんから配布してもっらたのを使わせてもらっているものもありますので

このページ内の物だけにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ