箇条書き

箇条書き

[このページの記事を読み終える時間:約1分40秒]

有名なホームページを見ると
説明などに、「箇条書き」を取り入れている事があります

・10のポイント
・5つの秘訣
・7つの方法
・2つの注意点

箇条書きをするポイントとしては
終わりが見えるといった事がとても良いのだと思います

例えばダイエットの5つの法則だとすると

4つまで読み終えれば
最後は残り一つだという事が直感的に解ります。

もしまとまりもなく作成されたページでは
この記事を読み終える目安が解らないので

途中でページを離脱してしまう人が増えてしまうかもしれません。

中にはその記事の読み時間が載せてあるページまであります。
ユーザーにとってはこの上ない事です

その記事がどのくらいで読み終えるのかが解っていると
ユーザーにとってはとても親切なホームページだと思います

私もかつて、時間を載せようとしたページがありましたが、
どうもコンテンツの邪魔になりそうなのでやめた事がありました。

もし邪魔にならなければ時間を入れても良かったと思っています

【箇条書きの例】

肌をきれいにする3つの秘訣

1.睡眠をしっかり取る
2.食事のバランスを良くする
3.ひたすら祈る

1.睡眠時間はとても大切です。
2.色々な物を食べる事で肌の再生能力を上げます
3.あとは運に任せます

数字を含める

タイトルに数字を入れると、リアル感が伝わります。

七つの秘訣
三つの鉄則
100万の収入を得るための5つのポイント

など数字が入ることで思わずクリックしたくなるようなになります。

でもデメリットもあります

私自身も時折、タイトルに数字を入れることがありますが、

のちに記事を追加したい場合に
タイトルごと数字を変えなくてはならなくなります。

これはあまり効率的ではないので、
もし数字を入れるのであれば
記事自体を完成形とした方が良いと思います

その都度いちいちなおしていては大変ですので
後あと追加することや
減らすことはないようにするほうが良いかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ