内部リンク

内部リンクとは、中のリンクになります。

比較の画像

内部リンクもとても大事になってきます。

例えば、何か疑問があるとして、
その疑問を解決するのにいろいろなサイトを回されるよりも
効率よくすることで
疑問を早く言解決させる事ができると思います

例ですと
医者に行って診察してもらった場合に、処方箋をもらい薬を取りに行くのはめんどくさく感じます。
診察の時に、薬もいっしょにもらえればと思った事があります。

ホームページでも同じ人が作ったサイトの方が解りやすいです。

もちろん相互リンクでも、同じ人が作っている場合もありますが、
ほとんどが、別の人のサイトです

内部リンクの例
例えばトップページに日記的な記事を書いたとします
その記事の中にサプライズと言う言葉が含んだとします。
ホームページをみる人は、必ずしも、
サプライズの意味を知っている人ばかりではありませんので
サプライズの意味を載せてあるページにリンクを飛ばします。
リンクを飛ばすとは、クリックした時にページが移動するようにします。

サプライズの意味を載せたページにも、トップページに戻るリンクや
関連できるような記事に飛ばすようにします。
例えば、サプライズと言う言葉を聞いて連想させるのは
サプライズゲストやサプライズプレゼントと言った感じがあります

そこでもらって嬉しいプレゼントなどの情報のページなどに飛ばしたりします

そうすることにより、リンクがグルグルとつながる事になり
検索エンジンや誰が見ても良いホームページになる事になります

内部リンクの解説

相互リンク

相互リンクとは、

お互いのホームぺージを紹介しあう事です。

話題などの共通点があるホームページとリンクを張り合うのが一般的です。

相互リンク

たとえばですが

友人が
サッカーのリフティングのコツをのせて作ったサイトがあります

私のサイトもサッカーに関連して
作っているサイトがありますので
お互いにリンクをしあうことにしました

相互リンク解説

このようにすると
どちらかのサイトに訪れたひとが
興味にひかれ
そちらのさいとに流れる可能せいもあります

検索の役割として
閲覧者の問題を解決する役割がありますので
関連したサイトへの誘導は
検索にとっても良いことです

相互リンクは、同じジャンルの人と紹介しあうのが良い方法です。
ユーザビリティー(使いやすい)上、
たとえばホームページを見る人が情報をさがして
もし自分のホームページで解決できずに
そこから他の人のリンク先のページで解決できれば
早く解決できます。

ユーザーにとって好ましいことです。
相互リンクを申し込む時は、なるべく同じジャンルのサイトで申し込みます。

その方がseo(サーチエンジン最適化)に効果があります。
その際には、失礼のないように申し込みをします。
もし駄目ならひがまずにあきらめるのも大事です。

相互リンクの基本としては
はまず自分のサイトに張り付けてから申し込むのが礼儀となります

被リンク

被リンク(ひリンク)(バックリンク)とは、そのサイトに一方的に向けられているリンクの事をいいます。

例えば評価の高いサイトからリンクを貼られているという事は
それだけ評価が上がる事になります。

被リンク解説

特に良質なホームページからのリンクはSEO(検索エンジン最適化)で高く評価される傾向にあります。

例えばですが
ある有名なサイトから、「このページを参考に」とリンクを張られると
信頼性が高ければ価値も上がります

被リンク

相互リンクをする

相互リンクはSEOに効果があると言われています。
多分この先も変わらないと思います。
その同じ話題やジャンルであれば効果は高いと思います。
逆に検索を欺く(あざむく:だます)ような行為をすればマイナスになると思います

ナチュラルリンクを増やす
ナチュラルリンクとは、ナチュラル(自然)なリンクの事です。

相互リンクの場合には、相手方に申し込まなくてはなりません。
その点、ナチュラルリンクは、相手方から一方的にリンクを貼られていますので、
場合によっては評価は高いと思われます。

カテゴリーに登録する
カテゴリー登録は昔ほどではないと言われますが、
それでもyahooカテゴリーはこれからもseoに効果は高いと思われます

ソーシャルブックマークへ登録する

比較的に効果は薄いと言われていますが
バザールなどのソーシャルブックマークはプロフィールからURLを貼る事が出来ますので
多少の効果はあると思います

メルマガへ登録をする

まぐまぐなどのメールマガジンは少し審査が厳しくなってきています。
審査制になると、効果が期待できると思います

サテライトサイトを作成する
サテライトサイトとは違うホームページからメインのホームページへリンクを向けるサイトの事です。

関連記事

サイトの内部対策として
「関連した記事」を載せるようにしています。

私の場合には、よくない例なのですが、
参考としてみてください。

私のブログでは
「関連した記事」とだけいれて、その関連した記事へ必ず
飛ばすようにしています。

やはり「関連した記事」もアンカーテキストでしっかりとした
説明と解説を入れて
ナビゲーションをする方が効果的だと思います

商品名もわからないようなものを買う人は少ないと思われます。
その貼られたリンク先がなんなのか、
そしてそのリンク先は安全なのか?
それがわからないようでは
クリックがしづらいとおもいます。

もし関連性の記事を載せる場合には
かならず関連した記事の内容で、その先のページの説明も
タイトルとして入れるほうが見てもらう確率が上がると思います。

関連した記事を入れる目的

その関連した記事を入れる目的は
アクセスアップをはかるために行います。
アクセスアップ=ページビューを稼ぐ=検索の評価
と思っています。

その関連した記事はできるだけ記事下へ置き

すんなりと自然に読めるようにしています。

【関連する記事を設置した例】
相互リンクとは何?

今私が取り組んでいる事

リンクを回そう!
読み手になり
そこで離脱されては困ります
迷路のように突き進んでもらうイメージで
関連付けの作業を行っています

例えばですが
財布のことに関して書いた記事があり
その記事を読み返すと
もう一方で書いた財布の記事と話がつながることがわかりました

そこで
「財布」つながりとしてリンクをつけます

これで検索にも読み手にも良いリンク構造だと思います

この作業のコツは
一度記事を読み返し関連している記事にそこから貼ることです

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ