閲覧者の立場になって

閲覧者の方にも見やすいホームぺージを作るには
使いやすさも大事になってきます。

例えばあまり長いページになるとスクロールするのも長くなります。
もちろん、見ている環境の違いがありますが

なるべく効率よく伝えるようにするとよいと思います。

それと閲覧時間を長くする方法として改行段落を使う方法もありますが、

個人的には、「あまり意識をせずに使った方が良いのではないかと」思っています。

私自身は読みやすさを重点にすることを心がけています

burauza28

スムーススクロール

まずは「スムーススクロールとは?」
行単位ではなくページを徐々に滑らかに移動する
スクロールの事を言います。

その見た目から格好が良く、
私のホームページ上でも
いくつかのページで使っています。

その使い方としては、
なるべくは短い範囲で使うようにしています。
長い距離では少しうっとおしいイメージがあります。

それと、できるだけ見ている人に
どれだけ移動したのかを分かってもらうために使うようにしています。

突然、瞬間移動のようにしては、ユーザーの人を迷わせてしまうと思います。

見慣れているホームページを参考にしてはいけない

いつも見慣れているページは、
見慣れているから「読みやすい」「わかりやすい」といったことが言えると思います。

「なんて自分のホームページは見やすいのだろう?」とおもっても、
毎日に、そしてひいき目にるみているからなのかもしれませんね

最初に訪れてくれた人は、どこに何があり、
どのように進んでよいのかがわかりません

次のページへわかりやすくナビをしてあげないと
閲覧者の方は迷ってしまい
せっかく来てくれた人も
ホームページを去ってしまいます。

そうならないためにも、
初心に戻るように、もう一度自分のサイトを、
初めて来た人のことを考えて作るとよいと思います。

いろいろな人が来ますので、文字の大きさなどにも
十分に配慮します。

自分が見えているから大丈夫だろうと思うのは、一番よくないパターンだと思います。

常に、閲覧者の方を意識してサイトをつくることを
すすめていかなければなりません

変化

マウスが乗った時に
画像を変える注意点として

あまり強い色の変化を与えないようにしています。

例えば
濃い色から
突然「蛍光色」や「白い色」のような薄い色では

閲覧者の方の目に負担をかけてしまう恐れがあります

カメラでいえばフラッシュのようなもので
突然強い色から
薄い色へと変わると
目が一瞬くらんでしまいます。

それであれば

濃い色からさらに濃い色を使う方が良いと思います

私自身、
マウスを載せたときに
はっきりさせるために
すり替えた画像を使っています。

そして使っていくうちにわかったのですが
目に負担がかかるような気がしましたので
濃い色から薄い色へするのではなく

濃い色からさらに濃くして
マウスが乗った事をアピールする方法に変更することにしました

見た目では
薄くするほうが好きでしたが
サイトつくりを進める中で
一番に考えなければいけないの
ユーザー(使う人)です

横に続く文字

ホームページを見ていると
横に長い文章が続くと「読みづらいな」と感じたことがあります。

自分の心がけとしては、
なるべくは30文字前後ぐらいを一行としています。

その中で、だいたい「ぱっと見て」どのくらいの文字数かを予測するように
練習をしていた事があります。

例えばその練習法として、
「今日はいい天気ですね」
といったら、十文字になります。
三十文字ですとこれが三回続けば良い事になります。

最初の頃は、あまりデコボコした文章は好きではなかったのですが、
だんだん、いろんな雑誌や広告などを見ると
「その方が見やすいのでは?」と思い始めました。

今では見た目や文法よりも、いかに読んでもらう人に読みやすいかを優先するようにしています。

記号の使い方や句読点などもあまり気にする事はないと思います。
自分なりに読みやすければ、
オリジナルで通してもよいのではないかと思います。

モニターのサイズ


ホームページを作る際に最初に迷う事が
どのぐらいの大きさでホームページを作るべきかと言った事になります
例えばヤフーのトップページを見ると
横幅が大きめのサイズになっています

私もヤフーのページをトップページにしていますので
必然的にヤフーのトップページが収まるブラウザのサイズになっています。
やはり世間の人もそういった人が多いと思います。
ブラウザーを開いた時に、頻繁に見るサイトのサイズに設定がなされているのでは
ないでしょうか?

ホームページを作る時にどのくらいのサイズが良いかと言うと
以前でしたら、800PXぐらいが良いとされていました。
その800PXにスクロールバーが入る事を考慮して760がベストと言われていますが近年では、モニターもワイドになっていますので若干に800ぐらいでは
余白が多くなり物足りないような気がしてきます。

これは見ている人の環境にもよってくるのですが、
実際にはどのサイズにした方が良いとは言えません。
大手サイトなどの動向を見ていくと良いと思います。
ほとんどの大手サイトが、ここぞといったサイズにすれば
そこに合わした方が良いのかもしれません。

ちなみに私の場合には800ぐらいを目安にしています。
この先もできれば変えたくはありません。
私の考え的には、
もし私のホームページを見に来てくれた場合には
そのキャンパスを存分に使いたいと思います

その存分とは大きくではなく余白をたくさん使い
見やすさを重視すると言う事です

例えば逆に大き過ぎると、
見ている人の環境にもよりますが
横にスクロールをさせなければならない事になってしまうかもしれません
マウスの場合には縦にスクルーするにはホイールを使えばスムーズですが
横にとなるとめんどくさい作業になってしまいいます。

横にスクロールするのはめんどくさいです

私の考えでは、大手サイトのようにたくさんの情報を新聞のように載せる必要はなく
あくまでも個人のホームページですのでページわけすることを心がけています

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ