閲覧者の立場になって

閲覧者の方にも見やすいホームぺージを作るには
使いやすさも大事になってきます。

例えばあまり長いページになるとスクロールするのも長くなります。
もちろん、見ている環境の違いがありますが

なるべく効率よく伝えるようにするとよいと思います。

それと閲覧時間を長くする方法として改行段落を使う方法もありますが、

個人的には、「あまり意識をせずに使った方が良いのではないかと」思っています。

私自身は読みやすさを重点にすることを心がけています

burauza28

スムーススクロール

まずは「スムーススクロールとは?」
行単位ではなくページを徐々に滑らかに移動する
スクロールの事を言います。

その見た目から格好が良く、
私のホームページ上でも
いくつかのページで使っています。

その使い方としては、
なるべくは短い範囲で使うようにしています。
長い距離では少しうっとおしいイメージがあります。

それと、できるだけ見ている人に
どれだけ移動したのかを分かってもらうために使うようにしています。

突然、瞬間移動のようにしては、ユーザーの人を迷わせてしまうと思います。

見慣れているホームページを参考にしてはいけない

いつも見慣れているページは、
見慣れているから「読みやすい」「わかりやすい」といったことが言えると思います。

「なんて自分のホームページは見やすいのだろう?」とおもっても、
毎日に、そしてひいき目にるみているからなのかもしれませんね

最初に訪れてくれた人は、どこに何があり、
どのように進んでよいのかがわかりません

次のページへわかりやすくナビをしてあげないと
閲覧者の方は迷ってしまい
せっかく来てくれた人も
ホームページを去ってしまいます。

そうならないためにも、
初心に戻るように、もう一度自分のサイトを、
初めて来た人のことを考えて作るとよいと思います。

いろいろな人が来ますので、文字の大きさなどにも
十分に配慮します。

自分が見えているから大丈夫だろうと思うのは、一番よくないパターンだと思います。

常に、閲覧者の方を意識してサイトをつくることを
すすめていかなければなりません

変化

マウスが乗った時に
画像を変える注意点として

あまり強い色の変化を与えないようにしています。

例えば
濃い色から
突然「蛍光色」や「白い色」のような薄い色では

閲覧者の方の目に負担をかけてしまう恐れがあります

カメラでいえばフラッシュのようなもので
突然強い色から
薄い色へと変わると
目が一瞬くらんでしまいます。

それであれば

濃い色からさらに濃い色を使う方が良いと思います

私自身、
マウスを載せたときに
はっきりさせるために
すり替えた画像を使っています。

そして使っていくうちにわかったのですが
目に負担がかかるような気がしましたので
濃い色から薄い色へするのではなく

濃い色からさらに濃くして
マウスが乗った事をアピールする方法に変更することにしました

見た目では
薄くするほうが好きでしたが
サイトつくりを進める中で
一番に考えなければいけないの
ユーザー(使う人)です

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ