分散してページ数を増やす

内容の濃いページはできれば分散するとよいと思います

どうしても、そのページに収めたい物があれば別ですが

集中型の長いページになるよりは

メニューなどを設置して分散型にした方が良いと思います。

そのほうが、見ている人も読みやすくなるのではないでしょうか?

ですが、内容がないページを増やしては逆効果だと思います。

内容のしっかりしたものであればページを増やした方が、

検索でも閲覧してくれる人にも、良いのではないでしょうか?

長いページになってくると、見ている人も少し、疲れると思います

何かに例えるなら、NHKのテレビのようにコマーシャルがなく。

トイレに行くタイミングすら取れません

イラスト

ページは増やす方が良いですが、あまりにも内容のないページを作るのは良くありません。

例えば100ページの本が3ページの本より、良い本だとは限りません。

100ページの、内容の薄いページを作るよりも

内容の充実した3ページを作る方が良いことが分かります

表現は悪いですが、内容のないゴミと扱われるページをたくさん作るよりも、

時間をかけて内容の詰まった一ページを作る方がよりよい事になります。

題名【文章の切り替え】
ページがあまりにも薄っぺらになってしまうと、
どうしても文章を無理に入れて不自然な記事になってしまいます。

そんな時は
題名をつけるとよいと思います
急に話が変わると意味がわからない文章になってしまいます。
そんな時は題名をつけることで、話を変えることができると思います。

例えば文章の話をしていて
ちょっと文章にまつわる記事をかけないかと思い、「インデント」を取り上げたいと思います

インデント
 インデントとは文章を読みやすくするために、出だしに空白を入れます。
私はインデントと聞いたときに、入れ歯に関係することだと思っていました。

それと私自身は話を変えたい時や膨らましたいときに使う言葉として
「ちなみに」や「そもそも」などの言葉を使う事があります。
とても便利な言葉です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ