トップページとなるタイトルを考える

ホームページのタイトルはブランドと考えると解りやすいと思います。

ブランド力を上げるにはコンテンツ(内容)をしっかりさせなければなりません。

コンテンツがしっかりすれば、閲覧してくれる人も増え、

また訪れてくれる人(リピーター)の数も増えてきます。

そうなると自然とタイトルの名前も覚えてもらえます。

これで少しは、ブランド力が上がったのではないでしょうか?

ブランド力を落とさないための注意点
ブランド力を落とさないためには、へたな記事や
間違った情報は載せない事です。
一度信用を落としてしまったら、取り戻すのは難しいと思います

≪ホームページを作る上での注意点≫ 引っ張りすぎない

ホームページを作る上で閲覧時間は大事になってくると思います
そのためには、改行や段落をしたり、なるべく
本文の後ろの方に内容を載せたりと工夫をすると思います。

ですが、あまりにも、ひどく引っ張りすぎると

閲覧者の方に嫌われるのではないでしょうか?

一度そういった印象を与えると次に訪れた場合に
倦厭(けんえん、あきていやになる事)されると思います。

例えば「太陽の日が昇る方角を教えます」と載せて、
後ろの方まで引っ張り、ファイナルアンサーとリンクをたどらせ、
答えは次回へなどとしたりすると、次に訪れた時に

このホームページは「もう、いいや」となると思います。

イラスト2

【補足】
太陽は東からのぼり西へ沈みます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ