タイトルと説明文

閲覧数を左右するのはタイトルはとても重要だと思います

例えば【貯金のアドバイス】としてタイトルを考えてみたいと思います。

ヤフーやグーグルなどの検索のキーワードとして【貯金、アドバイス】

と検索に入れてみた場合に

上の方に表示されるのはともかく下の方に行くにつれると

後はタイトルや記事内容を見て判断される事が多くなると思います

同じキーワードで検索した場合に、

ある程度の考えている事はみんな近いと考えています。

世間的に「かわいい子」と言われている子は、だいたいだれが見ても

かわいいかったりするものです

タイトルも同様に良いタイトルであれば、だいたいの人が見ても良いタイトルだと感じると思います

いかにタイトルで目をひかせてホームページへのかけ橋になるかはタイトルや記事内容にかかっていていると思います

タイトル次第ではクリックをされるか、そのままスルーをされるかの別れ道になりますので

チャンスを逃さないためにもタイトルは慎重に考えたいものです

貯金通帳

ではどういったタイトルの言葉が引き付けられて、記事を見てもらえるかを考えたいと思います。

【答えをださない?】
タイトルやdescription(記事の説明)では答えを出さずに、その答えはホームページの方に乗せるようにします。
例えばタイトルで考えると、1+1=2と答えを出さずに

タイトルでは1+1は?としてホームページの方で答えを載せるようにします

それはタイトルで結果がわかってしまえば、ホームページを見る必要がなくなってしまうからです。

1+1=

引き付けられるタイトルとは

貯金とアドバイスのキーワードを使ってタイトルを考えてみました。
あまり良いフレーズはうかびませんでしたが、ステップアップとして考えてみてください

1.貯金は自然と増える
2.在宅ワークで貯金を増やすアドバイス
3.貯金
4.快適貯金生活大公開
5.貯金など二の次
6.お金を増やす10のポイント
7.貯金のアップ術|目指せ1000万円
8.私の貯金の奮闘日記
9.貯金のテクニック
10.ちょきん依存症

こんなタイトルがあった場合はどれが見たくなりますか?
それともっと良くするにはどんなフレーズを入れたら良いですか?

その理由と同じように考えれば良いタイトルが浮かぶかもしれません

私自身のホームページはあまり参考にならず良くない見本ですが、

ホームページで閲覧数の多い人に聞くと、ほとんどの人がタイトルに力を入れています。

基本的には、タイトルは長すぎず短すぎずが基本ですので、タイトルはとても重要になる事は間違いないです。

慎重に考えて完璧なタイトルをのせるとよいと思います。

ちなみに私が思った事はタイトルに数字が含まれていると思わず目がいってしまう事があります。

検索に貯金、アドバイスと入れて探してくるわけですから

あまり貯金をするのが得意ではない人が検索してくるのかもしれません。

もし、そんな人が目指せ貯金1億円などとしたら、

あまりにもかけ離れた値段でうさん臭く見えてしまうのではないでしょうか?

私であればそんなタイトルはスルーしてしまいます。

その点「目指せ貯金1000万円」の場合は、程良く目を引く金額ではないでしょうか?

検索2

記事の説明文

ディスクリプション(description)とは説明を意味します
検索などのタイトルの下に説明文として紹介されています。
その他スニペットなどとも呼ばれます。

スニペット自体は、断片を意味します。(snippet)

検索3

キーワード選び

鍵穴

ありきたりなタイトルや見出しやキャッチフレーズで埋もれてしまうのではなく個性的に

【ありきたりな例】

ホームページ作り

【個性的な例】

○○なホームページ作り

人が求めている情報とは?
1位 今起きている事
2位 これから何が起きるのか(未来)
3位 過去の出来事

キーワード選びが重要

キーワードを選ぶ時は
どんな人に見てほしいかを考えてタイトルや見出しを選びます
検索をする人は、検索にキーワードを入力して来る人が多いと思います

例えば「ダイエット」と「減量」のキーワードで比較してみたいと思います

「ダイエット」となると女性や男性とわず色々な幅広い人の層にも関連付けられます
「減量」となるとやや男性が強いキーワードになってしまいます

【タイトルの文字数】
目安
グーグルの検索では32文字までしか検索のタイトルに収まりきれません(2012年)

それ以上は…省略となります。

タイトルは、あまり短すぎても長すぎても良くないと思います。

的確にターゲットなるキーワードを絞り込みながらタイトルを

作るのが人の目にも止まりやすいと思います。

私の場合ですが、
「基礎知識」などが目につく事があります。
つい「基礎知識」とタイトル含まれていると、
そのサイトを見てしまう傾向があります。
なぜかやさしく教えてくれそうなイメージがあります

キーワードの量

ここ数日「車中泊」についての記事をたくさんに書いています
自分の中では「車中泊」と言ったキーワードは得意なジャンルでもあり
まだまだ車中泊についての記事がたくさん書けますので
得意な記事を書くことはブログにとって
良い事でもあります

いずれは「車中泊」と言った言葉を
検索にかけたときに
上位表示ができるようにと頑張って記事つくりを進めていきたいと考えています

とくにブログを書く際は
意識をして「車中泊」と言ったキーワードを
記事にちりばめていきます
そうすることで
検索の評価が自然と高まります

独自ドメインを取る前にも「車上生活」として
つくったサイトを公開していました
そのさいは
車中泊としてのキーワードでは圏外でしたが
独自ドメインを取り「車中泊」の記事を書くようになり
車中泊として検索に表示されるようになりました

数か月前は「車中泊」のキーワードで
検索の順位は100位ぐらいをウロウロとしていたのですが
時間と記事数とともに今現在は50位ぐらいまで上がってきてくれています

まだまだ車中泊についての記事を書くことができますので
さらに記事は増えていくと思います

最終的には一ページ以内である10位以内を目標としています

本来であれば
一位を目指したいところですが
そのポジションはあまりにもふさわしくない事が
自分でも承知しています

車中泊を専門に扱っている良いサイトが複数ありますので
そのサイトを抜くのは難しいと考えています

ですが10位以内には入る余地はあると思っています
そのためには
さらに「車中泊」と言ったキーワードを
増やしていかなければならないと思います

ここで良い機会なので
実験的ではありますが動向を見て行きたいと思っています

たとえばですが
このサイトを見てくれた人が
また「車中泊-目指そう!物知り博士」と言ったキーワードで
検索をかけてくれた場合には
そのページでは価値は高まると思います

サイトを名指しして
検索にかけることは
そのサイトの評価を高めることができるとおもっています

そのためには
車中泊についての
ユニークな記事や
ためになる記事を書いてゆき
リピーターの方を増やしていくことが何よりも大事になってきます

続く言葉

ホームページ作りのテーマとして、
どのようなタイトルフレーズにしようか迷う事があります。

例えばもしプログラミングの解説をするホームページでしたら
プログラミングでは、幅広くなってしまいます。
そこで、プログラミングの後につけ足す候補としていくつか例をあげてみます

例えば
「解説」
「使用方法」
「基礎知識」
「入門」
「初級者」
「初心者」
などが良いのではないかと思います。

例えば、もし自分がプログラミングを学びたくて
検索をした場合に、プログラミングだけでは、なかなか求めている情報の
ホームページにはたどり着けないと思います。

そこで、プログラミングの後に基礎知識などをつけたす事で
かなり、その内容に絞り込む事が出来ると思います。

このように検索する側の立場になってみるとよくわかります。
もしホームページのタイトルで行き詰った時は、
検索する人の立場になって考えてみるとよいと思います

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ