アクセス解析とは?

アクセス解析とは
Webサイトに訪れてくれたひとの行動の分析を行います

トラッキングコード

トラッキングコードは
アクセスの情報を知りたいページへと貼り付けます。

例えばこのようにトラッキングコードがあった場合に、
htmlのhead間にこのjavascriptをコードを貼り付けます



<script type="text/javascript">
<!--
トラッキングコード
//-->
</script>

トラッキングコード

そうすることで、
いろいろな分析をとることができます。

これはアクセス解析の性能にもよるのですが

例えば、その人の使っているパソコンの種類やバージョン、IPアドレス
そのアクセスはどこの地域からアクセスを行っているか?がわかります。
例えば横浜市の自宅からそのページを見ていた場合に、
「横浜」からアクセスがあった事がわかることになります。

それと、どのくらいの時間でページを離脱したかなどを分析をしていきます。
もし、ページを見に来てくれたにもかかわらず、
ほとんどの人がすぐにページを離脱してしまう場合は、
何かページに問題があるのかもしれません。

目的を探して解決をしたのであれば別ですが

例えば、そのキーワードで、検索をかけた場合に、
後ろの方に重要なことを書いてるにも関わらずに、
ページを早く離脱してしまっているとすれば、
何らかの問題がページの最初のほうにあるのかもしれません。

最初に訪れたときに、もし派手すぎるページや広告だらけでは
離脱してしまうかもしれませんね

Analyticsアナリティクス

アナリティクス【Analytics】はグーグルが提供しているアクセス解析の事です

アクセス解析と言えば、
いろいろな、アクセス解析がありますが

たとえばgoogleですと、
google analytics(グーグルアナリティクス)が有名です。

アナリティクスの意味としては、分析や解析を意味します。

一見、とっつきにくそうですが、
性能は確かで、事細かくに分析が行えます。

たとえば、
リアルタイム検索と言って、
いま、ホームページを見ている人は
何人でどのページを見ているのかを解析することができます。

そのほか、どこの地域かも知ることができます。

たとえば、東京の台東区からアクセスがあれば、
その都度、どこからアクセスがあったか教えてくれます。

アクセス解析の現実

たまに「アクセス解析こわれてんちゃうか?」
と思うぐらいアクセスが少ないときがあります。

でもそれが現実です。

サイトのアクセスがある時間帯はさまざまで
昼の時間にアクセスが一段と上がってみたり

夜の時間帯の22時をさかいにピークを迎えることがあります。

これは、まったくサイトによって変わってきます。

私のサイトでは、
何年も推移を見ていると特に夜の8時から夜の12時までは
比較的にアクセス数が多くなります。

ちなみにこの時間というのは、
私はパソコンは、ほとんど使わずに、

どちらかというと今のスタイルでは
執筆活動をしている時間帯になります。
明日のブログの内容やこの先のサイ作りのことを
紙にまとめたり、頭で整理をしている時間帯でもあります。

アクセス解析は穴が開くぐらい見ていても
何も変わらないことがわかりました。
どうせなら放っておくぐらいの気持ちが必要かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ