検索上位を狙う

ここでの「検索エンジンの上位表示」とは
検索をかけた際に表示される位置を表します。
より上にある方がクリック率が高くなります

普段に何かを探すのにグーグルやヤフーのトップページに
ある、検索フォームを使ったりすると思います。
大体の人が一番上にくる物をクリックすると思います
「いや_俺は下からだ」と言う人も
いるかもしれませんが、それはそれで良いとして

ほとんどの人が上からクリックしていくと思います。

作る側はよりそこの位置(一番上の一位)に近づくように
目指して、ホームページなどを作成していきます

二位じゃダメなのか?と聞かれれば

私自身は三位以内に入っていれば良いと思っています。

ですが、もちろん一位を目指していくのですが、
そうすれば、狙ったキーワードで二位や三位に近づけるのではないかと思っています

検索の順位は、検索のアルゴリズムにのっとって評価されていますので
自分の見やすいようにドラッグアンドロップをしても変わるものでもありません。
例えば一番上(一位)と二番目(二位)には、閲覧数にも差が出ます。

[1] 100
[2]  70
[3]  50
※これは適切な数字ではありませんが目安です

一位のできにもよってきます。
もし、ホームページで疑問に思った事があり、
それが一位の方のホームページで解決すれば、
二位のページにはいく必要がなくなります
例で表すと
コンサルタントとは何か?と思ったら検索に
コンサルタントと入力して、一番上のページに
納得する情報が得られれば、
そこで、他のページを探す必要がなくなってきます

ちなみにコンサルタントとは、相談役の事を言います。
経営コンサルタントとなると
企業の改善などを行います

ニッチとは、隙間を表すときに使われます。

ニッチ産業と聞くことがありますが、
隙間産業と言うことだと思います。
あまり大手が手を出していない所を狙う
そんなイメージではないでしょうか?

検索などでキーワードを打ち込む時に、
メジャーで単独なキーワードでは
上位表示させるのは難しいですが、
ニッチなキーワードを狙うと良いと言われています。

例えば「雑学」などの限定的なキーワードではなく、
「雑学 たくさん」
などの隙間を狙って行くと良いと思います。

もともと雑学事態もそんなには聞き慣れなかったワードですが
2000年頃から、テレビ番組などで、
豆知識やうんちくなどの役立つ番組が放送されて、
「雑学、うんちく」などが知れ渡ったと思います

それまでは「うんちく」などは、
普段にはあまりききなれなかったと思います
ちなみにうんちくとは、物をつんでたくわえる事を言います。

【コンタクトページ】
こんな事を聞いたことがあります
「検索エンジンは、コンタクトページがあるページを評価する」と
実際には解りませんが、確かにないよりはあった方が良いような気がします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ