アクセスアップ【閲覧数を増やす方法】

ブログやホームページで閲覧数を増やす方法

ナビ用イラスト
自信がある記事は、ページの上で使うようにします

ナビ用イラスト
アピールしたいコメントは文字を強調 しておきます

ナビ用イラスト
余白を十分に取り、見やすく読みやすくします

ナビ用イラスト
蛍光色のような目がチカチカする色や小さくて見にくい文字は避けるようにします

ナビ用イラスト
画像を使ってインパクトを与えてみます。(白い文字を使うと印象が強く残ると思います)


自動車

ナビ用イラスト
タイトルや見出しは記事に誘導できるようなフレーズやメッセージを使います
【例】物知り博士とは?
【例】物知り博士になるには?

【例】今日!すごい物を発見しました。それは○○です。
中には、「何を発見したんだろう、○○って何だろう」とその記事に興味を持つ方もいます。

ナビ用イラスト
次回に見たくなるコメントをページの下に入れておきます。
人は最後に見た物を、より強く印象に残します

漫画で例えるなら次のページをめくりたくなるような仕組みにします
漫画の場合は、最後の方に新しいキャラクターを登場させて
見ている人に次回に興味を沸かせようとすると思いますが
ホームページなどにも活用できると思います

【例】次回に出来上がりを載せたいと思います
【例】来週に成果報酬の金額を発表したいと思います。

その結果が知りたい人は再度訪問してくると思います。

ナビ用イラスト
さりげなく人気をアピールしておきます。
【例】 ただいまアクセス数が10万アクセスを超えました。
行列のできるお店と同じです。行列ができているお店は「自分も並んで見ようか!」
「この先に何があるんだろう?」と興味を持つと思います。

ナビ用イラスト
項目を作り閲覧時間や話のゴールをわかりやすくしてあげます
【例】100の項目
【例】20の法則
【例】例えばダイエットの三つの注意点とした場合
1.食べ過ぎない事
2.無理をしない事
3.あきらめない事

また見に来てくれた時に長い文章の場合は、目安や目印にもなります。
もし項目分けをされたぺージ作りをしているサイトがありましたら
参考にして見てください。
項目分けをされていると一段と見やすいと感じると思います

次のページとして実際に使っているページなどを載せていますので参考にしてみてください

※項目作りで一番やってはいけないポイント
・3つの秘訣なのに4つもある!
・6つの方法となっているのに5つしかない!

これでは、あまりにもいい加減すぎますね

最初に数を決めるよりも、後から決める方が良いと思います。

無理やり作っても、 クオリティー(質)が落ちてしまうと思います

箇条書き


ナビ用イラスト
情報は、だしおしまずに記述し「この人は情報を開示(はっきり示す)」と
印象を与えれるような記事を書くようにします

ナビ用イラスト
ユニークな発想の記事を書いて閲覧者の方に「この人は面白い」と
印象を与えれるような記事を書くようにします

ナビ用イラスト
みんな同じモニターで同じ年代の人が見ているわけではありません。
小学生が見ても解るように絵や図を使って説明するようにします。
それと英語を使う時は、そういった点にも気をつけたほうが良いと思います
確かに英語を使って表現するとかっこが良いのかもしれませんが
ページを開いた時に英語があるだけで閉じてしまう人も中にはいます。
どうしても使いたい場合は補助的なコメントも入れておくとよいと思います

ナビ用イラスト
絵や画像は綺麗に見える方がもちろん良いですが、
テキスト(文字)だけの物より下手でもわかりやすければ
画像やイラストは使った方が良いと思います。

ナビ用イラスト
今書いている記事は今後に注目をされるかもしれません。
作成したページは、管理さえしていれば、半永久的に存在してくれます。
いわば、営業マンと店番が一緒にいるような物です。
いつ訪問者の方が訪れてきても良いように
商品(内容)を充実させ誤字脱字がないように記事を完璧の状態に仕上げておきます

例えば車上生活について書いていた記事が
テレビなどで、車上生活と言うフレーズが出てくると閲覧数が増えたりすることになります。

もう少し解りやすく言うと、こんな話を聞いた事があります。
セブンイレブンが急成長をする前にセブンイレブンの株を持っていた人が、
株の価値が上がった為に、とんでもない額になったと聞いた事があります。

ナビ用イラスト
先を見越した記事を書くようにします。
【例】 「小学一年生の友達の作り方」
小学生の子もいずれは中学生になります。
また新たに小学生になる子もいますので、
こういった記事は時代に乗っていけるのではないでしょうか

ナビ用イラスト
背景の色は黒をさけるようにします
黒は好みが分かれるために、あまり使わないほうが無難です
大手のホームページなどでは、背景の色は白や淡い色を使っているのが目立ちます

ナビ用イラスト
アピールできる物は、自慢にならない程度にアピールしておきます
【例】 以前に学校の先生をしてた事があります
【例】 東京大学を卒業しました
などとすると、この人から何か良い話が聞けるのではないかと期待感を持ち
ブックマーク(アドレスをメモ)しようとアクションをおこします

ナビ用イラスト
中途半端な教え方はしない!中途半端に教えるのではなく最後までわかりやすく教えてあげます。
中途半端に教えると、かえって悪い印象を与えてしまう事があります。

ナビ用イラスト
相手にとって有益(為になるよう)な情報を載せてあげます。
【例】昨日は餃子を食べました。餃子と言えば有名なのは宇都宮ですが
とすると知ってる人にはなんでもない事ですが、
知らない人にとっては、「餃子って宇都宮が有名なんだ」となると思います

ナビ用イラスト
話題性のある記事作り
特殊な話題の記事を書くよりも、話題性のある記事を書いた方が良いと思います
特殊な記事の場合は興味がある専門の人は見てくれるかもしれませんが、
あまりにも特殊すぎると、ごくわずかな人しか見てくれません。
そういった記事を書くよりも話題性のある
・ダイエット
・美容
・恋愛
・仕事に関する興味を引くような話題を書いた方が良いと思います。

例えば、同じ薄毛に悩んでいる人に、育毛剤の効果などを発表した記事は
役立つ記事になると思います

ナビ用イラスト
キーワードをたくさん使い自然な記事を書くようにします
キーワードをたくさん使う意味としては、それだけ検索からのヒット率が上がる事になります。

ナビ用イラスト
検索エンジンは、旬な話題や新鮮なフレーズを好みますので、
注目をされそうな話題や、フレーズを使うと良いと思います。

例えば、ゲームの話になりますが、
ロールプレイングのゲームを例にして説明したいと思います。
そのロールプレイングゲームは人気のシリーズで、
これまでに1から9まで発売されていて、
今度新たに新作の10が発売されたとします。

わかりやすくする為に、そのゲームに名前を付けてみます。
例えばファイナルファンタジー10だとします。
もし検索に「ファイナルファンタジー」と入力して、
上位表示されるのは、ファイナルファンタジー1でもなく2でもなく
検索からしてみれば一番話題になっている新作の物を上位表示したいと思います。

もし以前のシリーズで話題になっていれば別ですが、
今、みんなが求めている最新の疑問や攻略法を上位表示するのが検索エンジン上に好ましいと思います。

ナビ用イラスト
話題を広げる工夫
文字数は多い方が良いですが、無意味な情報はかえって書かない方が良いと思います。
最低でも一ページあたり300文字ぐらいは、入れて置きたい所です。
もし話題がなくなった場合は、私の場合はこんな風にしています。

例えば信号機の雑学などの記事を書いていた場合に、
内容に行き詰った時は、
「信号機と言えばこんなことがありました」と言った事から
話題を膨らませるようにしています。

その他
【例】 以前にこんな事を言っていた人がいます
【例】 こんな事をしている人がいます
など何気ない事を記事にしています

ナビ用イラスト
再訪問してもらうためには何か魅力がなければなりません。
デザイン、レイアウト、面白さ、豊富な情報、
などなんでも良いので、自分で魅力がある物を見つけると良いと思います。
魅了もなにもないホームページには、誰も興味を持たないと思います。
【例】例えば、アイドル顔負けのルックスがあるのであれば写真をちょっとでも載せれば
それだけでファンを作ることができると思います

ナビ用イラスト
記事内にリンクを貼るようにします。
関連した記事はリンクで飛ばすことにより、ページビュー数(見てもらうページ数)が上がる事になります

リンク構造

リンクは文章の合間に


以上です。あくまでも私が心がけて目指しているのをまとめた物です。

実際の私はと言うと、薄っぺらい記事でも載せてしまう事があります。
もちろん後から記事を追加していくつもりですが、
なかなか手がつけられないままでいます。
内容の濃いページを作る事をお勧めします。

また何か気になった事がありましたら、追加する事にします
こんなコメントも入れておきます。実際に気がついた事がありましたらほんとに追加します

                             
メモ

アクセスアップこのページの読み終える時間の目安はだいたい20分ぐらいです【内容を確認する】

はじめましてSEO担当者の瀬尾(せお)と申します。

検索エンジン最適化
seoとは
サーチエンジンオプティマイゼーション
(Search Engine Optimizationno)の略です。

検索エンジンの評価を上げて
上位表示させれるかがカギになります。

カギ

小手先だけのseo対策をしても、内容がなければ意味がありません

今がよくても、のちに検索の上位表示だけを意識したサイトでは
検索や人間にも嫌われてしまいます。

過度のseo対策には気をつけながら

一人でも多くの人に見てもらえるよに、心がけていることをまとめてみたいと思います。

なるべく重要な事は左に書くようにします。

コンピュータは、人間と同じように、
文章を左から見ていき、下へ下がります。

そして、左に書いてあるワードを重要とみなす傾向があります。

【検索のタイトルを見る】
もし何かを検索するときに、ヤフーやグーグルなどの検索窓にキーワードをいれて探しますが、
その上位表示されているタイトルにははほとんど言っていいほど
そのタイトル名には、検索したキーワードが組み込まれていると思います。
それだけタイトルにキーワードを含む事は重要になってきます。

私の場合ですが
ホームページのタイトルを目指そう!物知り博士としていますが、
出来るだけその都度に名前を入れるようにしました。
目指そう!物知り博士|アクセスアップ
こんな感じです。

ですが、
「アクセスアップ」とキーワードを意識した場合に、
より効果的だと思うのは、左に書いた方が良いと思います。
アクセスアップ|目指そう!物知り博士
もし自分のホームページタイトルを入れなくても良いのであれば
「アクセスアップ」とだけ入れるとよいのではないかと思います。
その方が検索でアクセスアップと検索してきた人が、
このキーワードを合致する(ぴったり合う)事になります。
欲張って、いくつもキーワードを使うと、そのキーワードの効果が少し薄れるのではないかと思います。

より重要な事はbody直下に置く

これも左に書くことと同じく、
上にあるものを重要とみなしますので、重要なことは上のほうに持ってくようにします。
とくに上のほうでは、自分の持っている80パセントから90パセントぐらいの力を出し切るように記事を書き込みます。

見出しは順序良く使う

タイトル同様に見出しも大事です。

見出しには
<h1>~<h6>
が用意されています。

html5ではh1などの要素はいくつ使ってもよさそうですが、

私の場合には各ページには一つずつに使うようにしています。

特に

<h1>と<h2>はなるべく使うように心がけています。

強調タグを使う

<strong>や<em>の強調タグを使い
閲覧者が見やすいように使うようにします。

検索エンジンは年々、人間が見るように近いように評価をしていっています。
人間が見やすいイコール検索エンジンの評価プラスと見ています。

※seo対策において、極端に多いのは注意が必要です。
それとあまり意識すると変な記事になってしまいます。

文法は正しく

文法はhtmlの書き方の事です
多少の文法間違いでは、問題はないと思いますが、

あまりにもひどいのは致命的だと思います

人が見ても分かりやすいようにすると良いと思います。

例えばh1の終了タグが抜けていたりしては、

人が見てもどこまでが範囲なのか混乱してしまいます。

cssを使う

cssを使ってhtmlをすっきりに、
デザインなどはスタイルシート使い
だれがみても見やすいソースにするとよいと思います

cssやjavascriptの外部化

cssやjavascriptはできるだけ
html内のbodyに書くのではなく
外部化させます。

ページ速度を上げる

ページの表示速度を上げるようにします。

極力外部化して、いらない余計な余白なども極力は作らないようにします

検索に好かれる相性の良いホームページを作成する

この先は、どうなるかはわかりませんが
今のところ、日本ではグーグルの検索が主流です。
つまりは、グーグルと相性の良いサイトを作らなくてはなりません。
グーグルが嫌うようなことは極力避けたほうがよいと思います。

たとえば意図的に、ページランクを上げようとする行為など、
人に置き換えても、意図的にだまそうと思う行為は嫌われる対象だと思います。

中身のあるページを作る

内容がないページはページとして意味がありません。
より簡潔に閲覧者の方に好まれるような記事つくりを目指します。

そのページでキーワードを絞る

キーワードを欲張ってあれもこれもとなってしまっては、
ページがぶれてしまいます。

そのページのキーワードを一つに絞り込むことで
強さを増していきます。
たとえば「美容」と「ダイエット」のワードを使っていて
美容でもダイエットのビックワードでも上位表示をさせたいとなると
そううまくはいかないのが現実です。

「二兎追うものは一兎をも得ず」
欲張ってしまうのはよくありません

アンカー名にキーワードを使う

アンカー名を
戻るや進む、次のページではなく
しっかりと誘導できるような言葉や、その先の内容に合ったアンカー名にします

画像にも名前を付けます

altを使って画像にもテキストを入れます。検索にこの画像の内容を示すことで
その内容を伝えることができます

オリジナルなコンテンツ

人のサイトの文章をパクってはいけません。
グーグルはすぐにわかりますので、
引用する場合には引用として載せるようにします。

ページを増やす構造を作る

ページ数はないよりあったほうがよいです
もちろん意味のないページは逆効果です。
ページを増やす工夫をしましょう

閲覧している人の立場で見る

自分が見て良くても閲覧者の方が見たときに
みにくいホームページではよくありません
もう一度ページを読み返して、チェックをしましょう

人のデザインを見習う

デザインやサイトの作り方を色々な所から参考にするようにします。

全体の更新頻度を上げる

更新頻度はこまめにしたほうがよいと思います。
半年もほったらかしたホームページ
と一週間おきに更新するホームページでは
新鮮さが変わってきます。

テキストコンテンツを主体にする

画像ばかりのページにするよりも
テキスト主体のホームページのほうが検索は好みます。

階層を深くしない

トップページから3クリック以内でページにたどり着けるようにします。
できるだけクリックをする数を少なくするようにします

パンくずリストを作成する

閲覧者の方を迷わせないようにパンくずを落とすように

今の現在地をわからせてあげます

ページを開いたときに画像を置く

最初にページを開いたときに、文字ばかりでは若干ひいてしまいます。

統一感を出す

同じ人が作ったサイトで
色も文字の大きさもバラバラなページでは、
かなり読みにくくなってしまいます。

正確な情報を配信する

検索はその人の信頼度も見ていると思われます

一ページ当たりの文章量

文字数を最低300文字以上ぐらいにはしておきたいところです。
少なければ悪いというわけではないのですが、
多いに越したことはありません

閲覧時間をあげる

なるべくは長い時間の間、そのページを見てもらうようにします。
そのための工夫としては、画像を置くようにしたりします。

タイトルにパイプやハイフンを使う

タイトルは、ユーザーにも見やすく検索にもわかりやすく、パイプ記号|やハイフン-を使って区切るようにします

ファイル名にキーワードを入れる

グーグルでは
数字番号で表すよりもその内容にちなんだ単語を使うことを推奨しています

サーバーの信頼性

サーバーの信頼性も見ています。
非力なサーバーよりも、少しの費用を出してしっかりとしたサーバー選びをするようにします。

キーワードの間隔

キーワードの使い方として類似した言葉などを含めて
バランスよい感覚で使っていきます。

文章の間隔をあけて読みやすく

なるべくは、5行ぐらいのひと塊として、段落をつけるようにします
それと余白もつけてユーザに見やすくします

長い文章であれば途中にイラストを置く

もし文章が長くなりそうであれば途中で休憩の意味を込めてイラストを置くようにします

アクセスアップ

自然と誘導する

自然な誘導を心掛けます。

クイズと答えみたいなもので、
クイズを一ページ目へ
答えを二ページ目へ持っていきます。

誤字脱字をなくす

誤字脱字があるページは離脱率を上げてしまう恐れがあります。
このページでは、ちゃんとした情報がなさそうだ!

リンクの位置

リンクはサイドやフッターではなく記事内や記事下などへ持っていきます

内部リンク関連付け作業

内部リンクをしっかりとします。
関連した記事はページ同士で関連を付けます

相互リンクをふやす

相互リンクを増やすようにします。
ページランクの高い信頼性の高いサイトでは
特に発揮をします

ナチュラルリンクをふやす

ナチュラルリンクを増やすように願います。

ナチュラルリンクとは相手から一方的にはられているリンクです

フレッシュな話題とフレッシュなフレーズ

常に新鮮な話題を取り入れます。ユーザは新鮮な話題に敏感です。
それに合わせて検索も敏感になります。

テーブルを入れ子にしない

テーブルの中にテーブルを作らないようにします。
複雑な構造にしては、クローラーも巡回をしずらくなってしまいます

親切丁寧な記事

親切で丁寧な記事を作ることでリピーターを増やす努力をします。

イラストを使って説明

イラストや画像を取り入れながらわかり易く説明するとなおよいと思います。
ページがわかり易ければ自然と検索の上位に表示されるようになります。

リンク集を作らない

リンクファームを作らないようにします

リンクだらけのページを作っては、検索にリンク集と認識されてしまいます

各ページのリンクを100以内もしくは50ぐらいに

リンクの数を調整するようにします。
あまりたくさんのリンクが貼ってあるページでは、ページ自体がわかりづらいと
印象を受けてしまいます。

ドメインにキーワードを使う

ドメインにもキーワードを使うようにします。
日本語ドメインも効果があるようです

トップレベルドメインを使用する

comやnetのようなトップレベルドメインを使用するようにします。
個人的にinfoドメインの取得を避けてしまう傾向にあります。

infoドメインが悪いといってるわけではないですが、
価格が安い分に、頻繁にスパム行為があったために、
infoドメイン自体の評価が下がっていると聞いたことがあります。

なるべく短いドメイン名、アドレス名にする

長いアドレスよりも短いアドレスのほうがユーザーにおぼえてもらえる可能性があります。
検索としては、短くても長くても関係ないようです

サブディレクトリーで展開する

サブドメインよりもサブディレクトリーで作成するようにします

ドメインの過去歴

そのドメインが過去にペナルティを受けていないかを確認をします

アドレス変更歴

アドレスの変更歴をチェックします

URLの正規化

URLを正規化します。
同じページがいくつもあるよりも正規化して統一をします

cssはjavascriptより上に書きます

cssはjavascriptより下に書くのではなく上に書くようにします

コンテンツの一貫性

コンテンツを一貫して統一させるようにします。
何でも屋は、よほどの大きなサイトではない限り避けたほうがよいと思います

コンテンツの専門性

専門性の高い言葉を織り交ぜながら記事を作成します。
特に難しい言葉を使うと、検索の評価は上がるような気がします

ワードプレスを使う

CMSのブログ作成ツールを使います。
いまは、ブログでもホームページのようにレイアウトできますので
ブログを活用したサイトつくりのほうが仕上がりが早くなります。

とくにグーグルの品質管理チームの責任者でもある有名なマット・カッツ(Matt Cutts)氏ですが
そのブログもワードプレスが使われています

グーグルのものを優先的に使う

極力グーグルのものを優先的に使うようにします。
ウェブマスターツールなどはもちろんのこと
google+などもプロフィールとして使うようにします

ソーシャルブックマークからリンク

ソーシャルからのリンクを獲得します。

サイトマップを送信する

検索用のサイトマップを作成して送信します。もちろん閲覧者用も作るとよいと思います

ウェブマスターツールの登録

ウェブマスターツールに登録をします

robots.txtを作る

robots.txtを作ります。
ウェブマスターツールから確認ができます

サテライト

サテライトサイトを作ります。
有効なサテライトとして玄関口を作ります

カテゴリーへの登録

大手ヤフーなどのカテゴリーに登録します。
そのほか、細かいディレクトリ登録もしておくのもよいと思います。

メルマガの登録

まぐまぐなどのメルマガに登録をします

自作自演を控える

自作自演は、やりすぎてはいけません。

悪意のあるコンテンツ

悪意のあるコンテンツはつくらないようにします。

NGワードに気を付ける

言葉には十分気を付けます。信頼性を失ってしまいます。

隠しテキストを使わない

隠したテキストや背景と近い色の文字を使わないようします

中傷しない

中傷したコメントはしないようにします。

重複コンテンツ

重複したタイトルやコンテンツはつくらないようにします

metaの設定

keywords(ページのキーワード)やdescription(説明文)の設定をしておきます。

キーワードを詰め込みすぎない

キーワードを詰めすぎないようにします。

コンタクトフォームを設置する

連絡が取れるメールフォームなどを設置します

プロフィールを作る

プロフィールを作り、検索にプロフィールがあることの存在をアピールをします

クローキングしない(検索をだます行為)

検索をだます行為をしないようにします

ランキングに登録

ランキングに登録して少しでも人の目に触れるようにします

ほかのサイトへコメントする

コメントをしたり交流を深めることで検索の評価も上がってくると思われます。
信頼性のある人の友達

ユーザーを押し付けない

これを押してなどユーザーがめんどくさいと思うことは
極力は求めないようにします

フラッシュ

フラッシュはトップページでつかわないようにします。

フレーム構造

フレームつくりをきっぱりやめます

404

できるだけ「ページが存在しない」事は避けるようにします。
これはあまり関係ないようですが、
せっかく訪れてくれた閲覧者の方の期待を裏切ってしまうことになりますので
もしページが存在しないのであればリンクを外すようにします

サイトのブランドを決める

サイトタイトルはインパクトあるサイトに

検索を意識

—ここまで読み終える時間の目安は20分ぐらいです—

ボタンナビ先頭へこのページの先頭へ戻る

【以上が私が知っている心がけていることでした】

これが、必ずしもあっているとは限りません。

最終的なことを言えば、アクセスアップのポイントは
内容を事細かく載せることだと思います

たくさんの情報が詰まっているページは検索の評価も高いです。

小手先だけのseoに力を入れるよりも、
文章に力を入れたほうが結果的によいと思います。

それと検索の動向を知ることも、大事です。

私自身は、ウェブの作成をはじめてから数年が経過していますが、

実際に体験してみて学んだことがたくさんあります。
実際に自分で試してみることで確信にかわります。

たとえば、タイトルを何度も変更したことがあります。
そして、今のそのページのタイトルは
私が望んでいるタイトルではありません。

どうやらグーグルのほうで勝手に変えられてしまっているようです。
それは、グーグル側の判断でそのページに適したタイトルにしているようです。

なんど、そのページをアップロードしても一時的には、変わることがあるのですが
またすぐに書き換えられてしまいます。

こういったことも常に検索を見ていないと見逃してしまう事があります。

これからウェブ作成に力を入れるのであれば、色々と実験を兼ねて動向を見るのもよいと思います。

ボタンナビ先頭へこのページの先頭へ戻る

トレンドでアクセスアッフ

トレンドの意味としては動向や流行り、傾向を示します

サイトを作る際に
トレンドを狙うことで比較的にアクセスが集めやすいと言います

確かに今流行っている(トレンド)の話題を
徹底的に記事にしていけば
アクセスは集まりやすいのかもしれませんね

いわゆる
ヤフーのトップページのニュースと同じく
今話題のニュースや
流行り始めた話題性のキーワードを使うことで
アクセスを集める手段もあります


わかってはいるのですが、
実際なかなか
記事を書くとなると
敬遠しがちになってしまいます

良い例としては
24時間テレビを例に挙げると

例えば今年の2013年の24時間の
ランナーは大島さんでしたが
その大島さんの
旦那である鈴木おさむさんについてふれてみたり、
終えた後の舞台裏の事についてなどを
みんながふれなそうにない記事を
自分の見解とともに載せていくと良いと思います

トレンドは
テレビや新聞、雑誌、ラジオから
常に世間の動向をうかがいながら
記事に書き起こしていきます。

先取りをして予測をしながら記事を書く!
少し敬遠がちでしたが

アクセスアップを図るために
そろそろ
トレンドにもめをむけて行きたいと考えています

そういった個人で行っているサイトを見たことがあるのですが
リピーターの面としては
向いていないと思いますので
そのトレンド専門のサイトを作った方が良いと思います

やはり
その専門のブログを作る方が
リピート率は高くなると思います

例えばですが
釣りを扱っているサイトに
他の話題性の物を入れるのはよくありません

釣りを扱っているのであれば
釣り専門のサイトにして
釣りのファンを獲得するのが良い方法です

その釣りに、
トレンドのニュースをおりまぜようとなると
何のサイトかわかりにくくなってしまいますので

釣り釣りの専門サイトで
その外に
トレンド専門のサイトを設けます

トラフィック

トラフィックとは交通や運輸を指し
コンピュータでは通信網を通過する流れを表します

トラフィックは情報量をあらわすことになりますので
トラフィックが多いということは
情報量が大きいという事になります

爆発的なアクセスを期待できると言えば、
芸能人のゴシップネタが思い浮かびます。

以前に、芸能人のゴシップネタを書いた記事がクローズアップ(注目)されて
思わぬ形で、アクセスを集めたといったことを何度か聞いたことがあります。

世間の人は、そういったゴシップネタは気になるところだと思います。

誰と誰が熱愛している!
あの人は実は?こうなんだ!
などの話題は、食いつきが良いのだと思います。

そういった自分も、よくワイドショーなどを見てしまうタイプですが、

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク