作業スタイル

ここで私がホームページにかける時間はどのくらいかをまとめてみたいと思います
まずは朝9時に起きてパソコンのスイッチを入れます。
顔を洗いコーヒーにお湯を注ぎます。

そしていつもの指定席の座椅子に座り作業を開始します
この間、起きてから10分程度です。

まずは情報としてテレビやインターネットニュースなどに目を通して世間の情勢を確認します。
もし気になるニュースなどがありましたら、メモをとったりしておきます

次に自分のホームページへで変わった事はないかチェックをします。

そこで昨日にまとめておいた執筆をまとめあげます。

もし執筆がない時は、普段からあらゆる所にネタ帳や取材帳がありますので、

そこからピックアップするようにして仕事を探します。

12時を目安としてパソコンの作業をします。
もし仕事がのっているときは、パソコンから離れたくないので
ご飯も簡単なもので済ませます。

例えば菓子パンなどはパソコンを使いながらでも良いので手軽な食べ物です

もし余裕がある時は、インスタントラーメンなどの箸を持つ食べ物になります。

そういった時は

どちらかに集中しないと効率が悪いので、パソコンは休止状態にします。
行儀が悪いのですが食事をしながら新聞に目を通す時もあります。

食事は支度も含めて30分程度で済ませます。

食事後

またパソコンの作業に取り掛かります。

しばらくして30分程度の休憩をとります。

また5時を目安にパソコンの作業に取り掛かります。

5時になりひとまず終わりにして

まったく関係のない雑用時間となります。

6時ごろに夕食を取ります。同じように30分程度です

この時は一日二食程度でした。それと合間には間食を取るようにしています。

その理由は、一気に食べると、食べ過ぎてしまうからです

少しまた1時間ほどパソコンに向かいます

1日に運動時間は必ず取るようにしています

運動時間は、年齢とともに時間を長くかけるようにしています

今は3時間を目安としています

運動後、風呂へ入り、その後2時間ぐらいパソコンに向かい就寝します。

夜の2時

運動中はメモとペンは欠かさず持ちます。

その3時間の運動中に、すべてホームページの事を考える事もあります。
その時間を執筆活動と呼んでいます

その執筆したものは明日への材料としています。

暗闇や月明かりでメモをとることもありますので、出来るだけ綺麗に書くようにしています。

その理由は次の日に見て理解不能にならないためです。

そのせいもあってか最近では目を閉じても字が書けるようになりました。

今のスタイルでは、

パソコンに向かう時間約10時間
執筆活動約3時間

合計約13時間になります

少し長すぎますので、

一般的な労働時間として8時間を目安としていきたいと思っています
一番に考える事は、目の事です
もう少しパソコンにむうかう作業を減らし、執筆活動の時間を増やしたいと考えています

目標と作業時間

10万円を稼ぐことを目標としていては、
10万円の作業しかこなしません。
その点100万円を目標として入れば、
気持ちも100万円の作業に切り替わります。

ここ最近の「ライフスタイル」としては
8時間~11時間ぐらいは、パソコンに向かう「ライフスタイル」となっています。

この気持というのは、私自身は常に切り替わりますので、
来週はもっと少な目になるかもしれませんし
逆にもっと多くなるかもしれません。
つまりはモチベーション次第です

やる気(モチベーション)が続けば
かなり作業にも没頭しますので
少し体と相談しながらの作業になります。
目が疲れたのなら休ませ
気分が乗らなければ少し違う作業へと移ります。

これは一般的な考えですが
10万円といえば、かなりの金額です。
でもインターネットを使って収入を得ることは
誰にでも手が届く範囲だとおもっています。

そこで、アフィリエイトの成功のボーダーラインとは
どのくらいなのでしょう?
私自身の考えとしては
月に継続的に十万円を稼ぐ事ができれば、
アフィリエイトで成功したと言えるかもしれません。

アルバイトでも
月に10万円を稼ぐことは大変な労力です。
10万円もあれば、生活でもなんとかなるのではないかと
考えています。

これは10万円でも言えることですが
楽して稼げるほど、
この業界もそんなに甘くはありません。

100万円を目標としているせいか
常にやる気の維持はできています。

これが自分の奥底で、
「10万円を稼ぐ事が出来ればいいや!」となれば、

手を抜いて今頃はまだ寝ていると思います。

「100万円」と高い目標値を持っていれば、
自然と目が覚めて
「さぁやろう!」という気持ちがわいてきます。

今は食事も5分程度で済ませて作業にとりかかっています。

もう少しだけ落ち着いて食べたいのですが、
その目標と
その他に目標がありますので

自然と茶碗を流しに運び作業へと入るスタイルとなっています。

自分の場合には
そんなに運が良くないので
楽しては稼ぐことはできないと思っています。

少しでも普通の人よりも
頑張らないと達成に近ずくことすらできないと思っています

他の人が通勤している時間などは有効に使う事が出来ますので
そこで頑張らないといけないと考えています・

やはり最後に行きつくのは「努力」かもしれません

ホームページを作るきっかけ

誰にでもできるホームページを使って収入を得る方法

ナビ用イラスト1【ホームページを作るきっかけ】
ホームページを作るきっかけを一言でいえば
「ホームページを本格的に作ってみたい!」ただこの一言です
ホームページの開設当初は、試行錯誤をしながら毎日のように徹夜続きでした
どのような作りにしようか?タイトルや見出しはどうしよう?

このような事を考えていると、時間はすぐに過ぎてしまいます。
最初の頃はページを作っては消しての繰り返しの毎日で、無駄と言えば無駄ですが
良い経験をしたのではないかと思っています。
ホームページに費やす時間も16時間は当たり前のようにパソコンに向っていました
「夢中になると止められない性格ですので」
最初のころはかなりのめり込んで作業をしていた事があります

「目指そう!物知り博士」のホームページを作り始めたのは2010年で、その二年後となる
2012年にはホームページの基礎が出来上がり
やっと落ち着いて仕事に取り掛かる事が出来きるようになりました。

それでも8時間ぐらいは、パソコンに向き合いその他の執筆活動なども入れると
合計一日に10時間ぐらいは、この作業に費やしているとおもいます。

その「基礎」と言うのは、家と同じく、やっと家の骨組みが作れるようになったと言った感じです。
具体的に言うと
ホームページでは色々なメニューを作るようにしています。

そこで好きな記事やその内容に合わせて記事を書きます。
そうして出来た記事は関連した記事としてそこへ置いていく形になります。
そうすることで自然とボリュームが増していきます。

【ボリュームがあると何が良いの?】

ホームページにおいて、ページ数やテキスト量の中身のあるサイトは紛れもなく良いサイトです

薄っぺらな辞書よりも、分厚い辞書を検索は好みます。
そしてそのページを、検索は引きだしてくれます。

ナビ用イラスト2【ホームページでの広告】

広告と言えばスーパーのチラシなどがあります

普段何気なく見ている広告ですが
思っている以上に広告のすごさは大きな存在です。
今まではテレビのコマーシャルなどが主流でしたが、
これからはインターネットの広告もあなどれません。

例えば、ホームページを作っていて、そのホームページの閲覧数が多ければ、
その横や下などに広告を載せる事も出来き収入につながります。

テレビで例えるのであれば
視聴率が良いテレビ イコール スポンサーがつきやすいと言った感じです

もしも広告を出す立場であれば

ナビ用イラスト3【ホームページで収入を得る方法】

情報は出来る限り出す

「広告」と言うとアフィリエイトプログラムがあります。

私は広告としてアドセンスプログラムを使用しています

中にはアフィリエイトに批判的な人もいます。
私もどちらかというとホームぺージを始める前まではあまり良い印象は持っていませんでした

それでもアフィリエイトに成功している人のサイトを見ると解る事ですが、
情報を的確に出しています。
その人にとってはとても大切で財産でもある情報だと思います。
その宝の地図は誰にも教えたくないと思います

例えば私のホームページで「大型二種免許」の取得方法を細かく載せているページがあります

大型二種免許を取得するのに大変な時間と労力を使いました。
けっしてその道のりは甘くはなく、

できれば無意味に公開したくない情報もあります。
多くの人が取得すれば、その価値は下がってしまうからです

ですが、その情報がホームページ上では役に立つ情報として生きてきます。

それにアフィリエイトと言っても広告主、掲載側、購入者側のだれかが損をするわけではありません。

掲載側にとっても、何もメリットがないのに情報を出す人は少ないと思います。

情報を出す代わりにgoogle側もアドセンスといったプログラムを用意していると思っています

なぜなら検索側(google側)もどんどん情報を出してほしいと望んでいるからです

もし、何のメリットもなければ、検索はここまでは進歩していないと思います。

こういったことからもアフィリエイトの見方が少しは変わってくると思います

是非このきにアフィリエイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

けっして、人をだましたりして得たお金ではありません

ナビ用イラスト4【ホームページで重要な事】

かつて私は運転の仕事をしていたことがあります
その時によく言われた事は、「運転手は走ってなんぼ」とよく言われて言いました。
横持ちをしている人には聞こえが悪いので申し訳ないのですが、
例として、説明させて下さい

運転は遠くへ走れば走るほど稼げます
タクシーでも近くを走るよりも遠くのお客さんを載せる方が稼げます。

ホームページで例えると、テキスト量があった方が良いです。
一行よりも、
内容が詰まっている方が検索は好みます
それほど、文章、言葉、キーワードが大事になってきます
ホームページは打ってなんぼ、キーボードを叩いてなんぼと言った感じになります


上へ戻る

ナビ用イラスト5【ホームページでの失敗】
ホームぺージを作ってみて、
「ここはこうしておけば良かった」
「ここは正解だった」と言った事をまとめておきたいと思います

ここでは「フォルダーやファイルの名前」をクローズアップしたいと思います。

私の場合ですがフォルダーの管理などは
名前や番号などで管理することが多くなります。

名前をつける方法として
フォルダーやテキストファイルは番号で管理していて正解だったと思っています。
逆に、cssファイルのクラス名やID名は名前を統一しておけば良かったと後悔をしています

その理由としてはまず、

フォルダーの名前を番号にする場合には
ホームページのボリュームが上がってくると、ファイルのデーターがたくさん増えてきます。
グーグルではフォルダー名を番号などではなく関連する名前を推奨しています。
ですが私の場合には、番号で管理するようにしています。
例えば、box1、box2、box3と番号で続けています。
これは検索にとっては良くないのですが、
管理するといった部分では、見つけやすく、綴り番号などはとても管理しやすいです。

その点、
cssファイルでは各クラスや各ID名には頭文字を変えながら番号で管理をしています。
例えば、d100やz100のようにしています。
個々のページで使う場合には非常に使いやすいのですが、
もし、一つにまとめたい時に解りにくくなってしまいます。
例えばそのcssファイルを統合した時に同じ番号などが増えてしまい解りにくくなってしまいます

その点、各箇所に名前をつけていれば、統合もスムーズにいくと思います。

もしそのID名やクラス名が
topmenuたとしたらtopmenuの名前を与えて管理する方が良かったと思っています。
もしtopmenuと名前をつけたら他のファイルではtopmenuは使わないようにします
ですので私の管理するtopmenuの名前は一つだけとします。
こういったようなつくりにしていればまとめる事も出来たのですが、
番号にしたせいで、まとめる事をあきらめました。
これが最初のころに気付いて入れば良かったのですが、
後になってはページが増えすぎて手遅れになってしまいました
実際には変えることは出来るのですがめんどくささがせんこうしてしまいます

それと私はcssファイルは、作りは違う物はファイルを個々に分けています。
ですが、私の作るホームページは、いたってシンプルな作りですので、
「そんなに分ける必要はなかったかなぁ」と思っています。
一つにまとめておけば、作業効率が良かったと後悔している部分があります

ナビ用イラスト6【今後の目標】
Webで月100万円を目指す事を目標としています。
そんな「アホな」といった声が聞こえてきそうですが

あくまで「目指している」といっただけの話です

当初の目標としては

やるからには研究費として最低でも一万円を稼ぐ事を目標としてきました

ですがその目標も急きょ変える事にして、

月に十万円を稼ぐ事を目標としていました。

ですが、もう少しやる気を出すために

今現在は百万円を目標としています。

月に10万と言えばすごい金額です。
もし成し遂げる事が出来るのであれば大変うれしいかぎりです
その10万といった目標は3年以内をめどとしています(今現在2012年10月です)

なぜ期間を設けているかと言うとサボらないためです。

期間を決めてからは、毎朝、やらなくてはと言った気持が芽生えてきます。

私の考えになりますが、100万円を見ていれば、
10万円を成し遂げることはそんなに難しい事ではないと思っています

なぜなら100万円を見ているのだから!

途中で躓くわけにもいきません

例えばもしマラソンで3位入賞を目標とするのであれば

1位を取りに行く気持ちで行きます。
誰が何と言おうと「1位を目指す」そんな気持ちがあれば、

必ず目標に近づけると思っています。一種の自己暗示です

そこで本当に1位を取る事が出来るかもしれません

たとえ内心の目標である10万円を達成しても、その勢いはさほど変わらないと思っています

100万円を見ていますので、

例えばボクシングのチャンピオンになってしまった場合には、もう後は上はありません

後は防衛するかランクが下がるだけになりますので

そこでモチベーションが下がってしまうかもしれません

そのチャンピンオンでも、チャレンジャーの気持ちを持っている人と、
防衛しようと言う気持ちを持っている人では、
あきらかにチャレンジ精神を持っている人の方が強いと思っています
実際に聞いた話でもあるのですが、

気持ちと練習量も差が出ると思っています。

「俺はチャンピオンだから練習など必要ない!」
そんな気持ちも出てしまうのかもしれません

いつもチャレンジ精神を持っていれば上へといけるはずだと思っています

ここで新たな目標として
ウェブで成功した場合に、「土地を買いたい」と目標を持っています。

その土地で自給自足をする事が人生の「最大目標」でもあります。
これはかつてからの描いていた夢でもあるのですが貧乏人としては
実現は難しいと思っていました。

ですがここへきて、チャレンンジとしてこの目標を掲げたいと思います。

この目標を持つようになりいっそう頑張れるような気がします。

もしウェブが成功すれば

仕事も自分で賄えるようになれるかも知れません。

知れませんと言うのは、あいまいですが、この先のWEB業界も何が起こるかわかりませんので

確信とまではいきません

何かをするのであれば目標を持つ事はとても大事だと思います。

目標さへ見失わなければ必ず頑張れると思います

その目標も高く高く持つようにしています。

もちろんステップアップ方式も良いのですが、

私の今の場合は、

達成した時に、何度も目標を変えるのではなく、はるか高い所に置いています

最初こそ「ステップアップ方式で行こうかは」迷ったのですが、

その達成した都度にモチベーションが下がりそうな気がしましたので、

最初から、はるか高い所に目標を設定をするようにして一定を保てるようにとしています。

自分のマイペースでゆっくりでもよいので目標に向かっていきたいと思います

「疲れたら休み」「やる時はやる」「必ずはってでもゴールする」と言った気持を持つようにしています。

このメリハリを大事にして、自分の心をコントロールするように心がけていきたいと思います

それと宣言をする事は大事だと思います

私は身近な人にも「ウェブで成功させる」と伝えています

その理由として

「宣言」は自分へのムチになるからです

これはタイプにもよるのですが

もし成し遂げたい事があれば、みんなに言いふらすのも手段の一つだと思います。

例えばダイエットとして例にあげたいと思います。

例えば「今日からダイエットをする」とみんなに伝えて

成功すれば、自分の株は上がるかもしれません。

逆に失敗すれば、一気に信用はなくします。

このかけ引きを利用できるかどうかです。

答えは自分次第です

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ