アドセンス

アフィリエイトとは、
自分の持っているホームページやブログに
アフィリエイト用の広告プログラムを貼り付けて
収入を得る仕組みとなります。

そのホームページにはった広告から
利益につながったら、報酬として
支払われる形となります。

まずは、ホームページやブログを作り
ある程度に出来合ったら

アマゾンなどのプログラムが利用できる
所にアカウントを作ることで
利用できます。

クリック型の報酬

クリック型の報酬とは
広告がクリックされただけで報酬がもらえる仕組みです

そのため
クリック型の報酬では、
アクセスが上がれば面白いように収入も増えていきます。
比例とは言えませんが、それに近いものがあると思います。

代表的なクリック型の広告ではアドセンスが有名です

これは一般的に知られていますが
アクセスを集める事が出来れば
収入は増えていきいます。

まずは良い記事を書き
アクセスアップをはかるのが基本になると思います。

そうすることで自然と収入がアップしていきます。

アクセスアップ = 収入

これが原則です

アドセンス

アドセンスとはグーグルが行っている
「クリック報酬型」の広告プログラムになります

広告プログラム?
広告プログラムとは

例えば
自分のホームページやブログを持っているとします
そのブログやホームページに広告のコードを貼りつけて
そのスペースに広告が表示されると言った仕組みになります

そのプログラムは記事に合った広告を出しますので
いちいちこちらが気にすることなく
それにちなんだ広告を出してくれます

もし見ている側がその広告をクリックがしたら報酬を受ける事が出来ます

アドセンスは非常にすぐれたシステムであり
中にはアドセンスだけで生計をたてている人もいます

アドセンスの管理画面でこんな警告が

「収益額が推定収益額を 下回っています」

様子見の段階ですが

次の日には元に戻りつつありましたので
その日の私自身のサイトの不具合みたいなものだと思います


広告は大きい方が目立つ

広告は小さいよりも大きい方がクリックがされやすいというのは
有名な話ですが、

私は最初のころは、
小さい広告のほうがクリックがされやすいものだと思っていました。

できればコンテンツの邪魔をしたくはないし
広告は控えめにしていたのですが、

統計を取ると明らかに大きいほうが良いことがわかりました。

もしアフィリエイトなどを始めるのであれば、
小さい広告よりも、大きいほうがお勧めです。

逆に小さいとかえって広告ぽっく見えたり、
スルーされる可能性があります。

「意外?」と思われるかもしれませんが
ウェブサイトでは、大きい方が目立ちますし、
クリック率が良いのが現状です。

やはり、アフィリエイト始めるのであれば、
成約に結びつける思いを込めた方が良いのではないかと思っています。

まったく成約に結び付かないようでは、
広告側も出している意味がありません。

そのサイトの価値を落とさないためにも
広告側の気持ちも考えるとよいと思います。

広告の数

アドセンス広告は
設置できる範囲内であれば
多くの広告をはると良いとされています。

たとえば
三つの広告を設置してよいとなると
一つよりも三つの方が良いと思います。

見ている側にしてみれば少しうっとおしいですが、

それだけ多くの広告が表示されることになりますので
結果的に良いかと思います。

私自身のサイトの中で、
比較的にアクセスがあるサイトで
一つだけしか設置していない広告がありました。

そこで実験的ですが
広告を三つに増やして経過を見ています。

テキストかイメージか

アドセンスの広告では、
イメージとテキストのどちらの広告タイプを選んだほうが良いかといえば、
クリック率が高いのはテキストで、
そうなると、
テキストのみの方が良いのでは思うかも知れませんが、

総合的に見たら、
テキストとイメージの両方表示される広告タイプが良いと思います。

おそらくは、成功なされている方達は、
両方表示されるタイプを選んでいると思います。

それは、そのほうが効果的だからだと思います。

アドセンスのURLチャネルの削除

アドセンスのURLチャネルの削除する場所って
「すごくわかりにくいところにあるなぁ?」と感じます。

ちなみにURLチャネルとは、
URLを設定しておくと
そのアドセンスのクリックされたページが把握できるようになります。

設定を間違えて削除する場合には
チェックボックスにチャックを入れて
操作と言ったボタンらしき「ボタン」のセレクトを選択して
「削除する」を選択するのですが、

セレクトボタン

これは、結構わかりづらいところにあると思います。
もう少しナビをしてくれたほうが
すぐに見つけられるのですが・・・

「一瞬」これは削除できないのかと思います。

【補足】
それと、
http://mezasou.com
とした場合に
http://の部分を含めてしまうとうまく動作しません。

クリック率

広告のクリック率は、
はる場所の位置によって変わってきます。

たとえば、見出しのすぐ下では、
クリック率が良くなることは知られています。
実際に私も記事の見出しの下に貼ろうか迷ったことはあるのですが、
結果的にやめる事にしました。

その理由として主に二つあります。

一つ目は、
もしかしたら、見出しをあまり気にせずにいた場合に、
誘導になってしまう恐れがあるのではないかと思っていたからです。
規約に厳しいクリック型の広告ですので、
万が一の事を考えて、貼ることは避けています。

二つ目は、
あまりにも、「ユーザを無視しているな」と思ったからです。
検索をかけてくる人はその内容を読みたくてくるわけですから、
その記事の前にあるという事は、「あまり好ましくないかなぁ」と思いました。

結果的に、広告は、広告としてわかってもらいたいので、
できるだけ誤クリックなどは狙わないようにはしています。

過去に「スポンサード リンク」をつけていたことがあるのですが、
これも却下することにしました。
その理由として、あまりにも遠ざけてしまいそうな気がしましたので
結局は十分な余白を取ることにすることにしました。

【補足】
でもいつかは実験的にやる可能性はありますが、
長くは続けないと思います。

スポンサードリンクとは

インターネットを使っていると
「スポンサードリンク」と言った言葉を目にすることがあります。

記事の内容と広告のさかえめに表記されていることがあります。

「PR」や「スポンサードリンク」、「スポンサーリンク」など
一度は見たことがあるのではないでしょうか?

私自身としては、最初に目にしたときは
スポンサー? ドリンク?
と言ったように区切るのだと思っていたのですが

実際は
スポンサード リンクとなっています

通常の書き方では
「スポンサード」の間に半角スペースが入り「リンク」となるようです。

最近ではよく「スポンサードリンク」ではなく「スポンサーリンク」となっているサイトをよく目にします

ポリシー違反の項目

アドセンスにポリシー違反の項目が追加されていました
最近までなかったのに追加されたようです

昔は
アカウント一発退場がありましたが
いまではワンテンポの時間があるようです

アドセンスは
簡単に設置でき
広告も
自動で判別してくれますので
人気の高い
クリック報酬型のプログラムです

インターネットを使って
稼ぐには
これからもアドセンスは、なくてはならない存在です

いままでに
アボセンスと言い、
いたずら目的で
アドセンスのアカウントを奪う
いわゆる
大量にクリックをして
アカウントを無効にさせるといった手法がありました

最近ではあまり「アボセンス」と聞くことはなくなりましたが
こういった対策が強化されたものと思われます

アフィリエイト

アフィリエイトで収入を得ることにチャレンジしています。
アフィリエイトで収入を得るためには、
その広告の関連性を高める必要があります

例えば
健康についての記事を載せているところに
防災の商品を紹介してもしょうがないので
そこは健康にちなんだ商品を紹介します。

クリック型の報酬も同じく言えることです。

アフィリエイトで収入を数十万や数百万と稼いでいる人がいます
そんなスーパーアフィリエイターを目指したいものです。

不労所得とは?

不労所得とは、働かないで得る所得の事を言います

例えばアパート経営では家賃であったり、地代であったり

働かないで収入があることをいいます

よくアフィリエイトなどで、
「不労所得」と言った言葉を目にします

アフィリエイトはブログなどに広告をはり付け
収入を得るといったシステムです

私自身もクリック型のプログラムを使っているのですが
これはサイトなどを作って
放っておいても収入が入ることになります。

ですが、サイトを作るにあたっても
それらなりの労力は今迄につかっていますので
不労所得ではあるとは思うのですが
それまでの労力はあります。

私自身は
ここ二年間ぐらいは、毎日十時間を
超すぐらいのサイト作りの作業をしています
昼食も長くて
10分程度で
短くて5分程度ですませることもあります

もちろん土日も同じペースで
年中無休の作業となっています。

ねんのため
ここで今のところとしたいのは
この先この状態をキープするのは
大変で
ある程度パソコンに向かう時間だけでも
減らしたいと考えています。

これがもし不労所得と言うのであれば
なんて疲れる不労所得なんだろうと思ってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
     


スポンサード リンク