オンラインとオフライン

オンラインとは
端末機が中央処理装置と直接つながり
通信回線で情報を伝達できる状態の事をいいます

つまりは機器同士が接続されている事

一般的にはインターネット上で
通信のネットワークに接続され利用できる状態で
ゲームに例えると
オンラインでつながり
見知らぬ人といっしょにゲームなどを楽しむ事が出来ます

逆につながっていない状態を
オフラインと言います

インターネット回線で一度その情報を取得して
もし回線を切り
その情報が見れているのであれば
オフラインで見ている状態になります

ログインとログアウト

ログインとは
自分の端末とホストコンピュータが接続をして
データのやり取りができる状態の事を表します

逆に接続を切る状態を「ログアウト」と言います

通信を開始する事をアクセスと言いますが
ログインの場合にはアクセスの後にパスワードなどを
入力し、ホストコンピュータと接続する事を指します

つまりはカギを使って門を開ける状態を「ログイン」として
逆に門を閉める状態を「ログアウト」と
覚えておけばよいのではないでしょうか

ユーザー

ユーザーの意味としては、メーカーに対し、
商品を買った人や使う人の事を指します

パソコンを買ったときについてくる説明書を見ると
「ユーザー」と言った言葉をやたらと目にする事があります

つまりは
買った人をあらわしていて
その買った人に説明している事になります

それとインターネット上でも
よく目にする事があります

とくに解説するサイトでユーザーと言った言葉を目にします

アカウント

アカウントとは
もともとは単位として使われていたようなのですが
今ではネットワークサービスなどの利用する権利などで使われているようです。

ポイントサイトや銀行口座などあらゆる所でパスワードを作る事がありますが
あちこちでパスワードを作っていると
ごちゃごちゃとしてわかりづらくなってしまいます

私は小さいノートに書きまとめるようにしています。
パソコンで管理するのもよいのですが
そのパソコンが止まってしまった時に困りますので
めんどくさいですが専用の小さいノートに書きまとめています。
今ではつけておいてよかったと思っています。

パーソナライズ検索

パーソナライズ検索はアカウントを作ると
ヤフーなどではログイン状態などを維持できたりと便利ですが
広告などを見ていると、その広告に自分の家の近くの広告があると
あれ!個人情報でも漏れているのかと思う事があるかとおもいます。

ですが、ログインしている状態としていない状態では内容が変わってきます
検索にもパーソナライズド検索と言って、ログインしているパソコンと
ログインをしていないパソコン(他のパソコンなど)では
みている検索順位も違って見えます。

それは、その人にあった情報やその人が求めている情報をキャッチして
配信されているかと思われます。
おおまかな例ですと沖縄に住んでいる人に北海道のお店を紹介するよりも
沖縄県内、もしくはもっと近くのお店を紹介した方が効果的だと思われます。
もちろん通信販売では別ですが

このエントリーをはてなブックマークに追加
     


スポンサード リンク