プリペイドカード式を購入

アマゾンにてプリペイドカード式の「OCN 初回SIMパッケージ 容量型」標準SIMを購入しました
「標準SIM」とは形状を表します
その他の形状として
「microSIM」と「nanoSIM」が存在します
「microSIM」と「nanoSIM」は「標準SIM」と比べると若干サイズは小さいです

今回プリペーイド式のSIMを買った目的として
いざスマホの契約が切れた場合にも
「一時的に使えるように」と実験もかねて試しに購入をしてみました

すこし設定などに手間取りましたので
備忘録と次回のステップアップもかねてまとめておきたいと思います

まずSIMをネットで注文をして2日ほどで自宅に届きました

DCIM1087

パッケージを開けてみると
説明書と
名刺サイズほどのカードが入っています

その名刺サイズのカードには
「発信番号」と「端末製造部品」が書かれていて
さらには「標準サイズのSIM(ICカード)」がプラモデルのように
くり抜けるようになっています

説明書の裏面を見ると
「インターネット可」
「メール可」
「電話不可」と言ったイラストが描かれています
どうやら
電話は使えないようです
実際に
SIMを差し込んだ携帯に電話をかけてみると
「この携帯はデータ通信専用」との事です

私はガラケーでも使えるのかもと思い
「標準SIMを購入」したのですが
どうやら使えないようです

これでは
今使っている
スマホには大きすぎて差し込めません
ちなみに今使っているスマホのSIMの形状は「マイクロSIM」なので少し大きすぎます

そこで「microSIM」の大きさにカットして使おうと思います
これは自己責任になりますが
思い切ってチャレンジしてみました
慎重にマイクロSIMを照らし合わせ切っていきます
はじめはカッターできるつもりでしたが
はさみでもうまく切れそうなので
結局はさみで切ることにしました

慎重に切ったので
かなりうまく切れました

早速入れてみるとうまく入ってくれました
あとは認識の問題です

一度購入をしたSIMを取り出し
いままで使っていたSIMに差し替えて

説明書に書かれている
「http://s.ocn.jp/pre0」のOCNの設定のサイトへアクセスします

その画面には
「発信番号」と「端末製造部品」
「電話番号」の入力が促されます

e306

先ほどのカードの裏面に書かれていた
「発信番号」と「端末製造部品」を入力し
確認用の「電話番号」を入力し次へ進みます

そうすると何やら認識用の番号らしきものが表示されます
その番号を控え

次に進むと

確認用の電話から

そのページに書かれている
OCNのフリーダイヤルに電話をかけて
先ほど控えた番号を電話のダイヤルで打ち込むとの事です
実際に
電話をして入力を終えると認識が完了しました

認識を終えると
今度は
住所や電話番号などを記入します
これで一通りネットでの設定は終了です

あとは携帯側(スマホ)の設定です
まず
私のスマホの場合ですが

本体設定と言った項目を探し
その中に
「その他」と言った項目があります
それをクリックすると
いくつかの項目が出てきて
そのか中に
「モバイルネットワーク」と言った項目があります
それをクリックすると
「アクセスポイント名」と言った項目があります
それをクリックして
その画面から「新しくアクセスポイント」を作るために
「新しいAPN」と言った項目をクリックします

そうすると
「名前」やら色々な項目が出てきます
名前は任意で適当につけます
ちなみに私の場合「プリペイド」とつけたので
説明のために「プリペイド」としておきます

必要な項目として
「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」です
他は無視してかまわないようです

OCNの場合は
「APN」の場所に lte-d.ocn.ne.jp と入力し
「ユーザー名」 mobileid@ocn
「パスワード」 mobile
と打ち込みます
「認証タイプ」には「CHAP」と言った項目を選択します

これでスマホ側の設定が完了です
実際に
アクセスポイントを先ほど入力したプリペイドを選択して
今回かったSIMを差し込むと実際に使うことができました

念のために動画を見てみて
サクサク見れましたので速度的にも問題なさそうです

【容量追加パッケージも購入して追加してみた】

DCIM1094

中身を空けてみると
カードらしきものは入っていない
どうやら
シールに書かれている
「PIN」と言った番号を入力する仕組みのようだ

ポケットWi-Fi

DCIM1345

ポケットWi-Fiにsimを差し込んで
外出先でWi-Fiを利用しています

例としては
このポケットWi-Fiの電源を入れて
パソコンをネットワークにつなげることができます

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク