ブログを書くためのコツ

ブログを書くために
以前はパソコンに長時間に向かい
何を書こうかを迷いながら時間を過ごすことがありました

たいした内容も浮かばずに
完成度の低いまま
投稿をすることもよくありました

そのパソコンに向かいあい
記事を打ち込む方法を変えて
今現在は紙におこして
記事作りをするといった方法を取るようにしています

そしてその方法を取り一か月ほどたつのですが
発見としては
この方法は、
いがいにも効率がよく
良い方法だということがわかりました

ブログを書く方法としてはお勧めできるやり方だとおもいます

この方法は
以前に主婦の方でインターネットをつかい
副業で成功した人のブログを見たときに、
このやり方が紹介されていました。

主婦の方は家事に忙しく
なかなかパソコンに向かう時間と言うのが作れません

そういった中、
手が空いた合間にこまめにメモを取り
その取ったメモの内容を後でパソコンに打ち込むといった方法でした

これだと一時間ほどパソコンに向かえばすむことになりますので
効率的だと思います

私自身はこの方法を最初に見たときは
正直、自分には向いておらず
めんどくさいと思っていました

それならば直接にパソコンに向いながら
記事を作成する方が楽だとも思っていたからです。

ですが実際に
パソコンを使う時間が限られてしまい
ブログの更新をしたいにも
なかなか時間がとれなかったので
この方法を取るようにしました

実際にやってみてわかったのですが
文章をしっかりと作ることができるようになりました

無理をして書かないせいか
いらない余計な言葉をつめるのではなく
良いアイデアや良い言葉が浮かんできます

私の方法としては
広告の裏面の白紙の部分を使い
その広告を折り
表面と裏面としています

そこに
タイトルを書き入れ、
まんべんなく文章を書いていきます

注意点としては
字はきれいに書くことをお勧めします
それは
走り書きなどで適当に書いていると
あとあと解読に苦しむからです

そして綺麗に書くことで
打ち込むのも早くなりかなり効率よく記事が作成できます

みっちりと書いた記事は
程よい文章量で
長くもなく短くもない
ちょうど良い文字数になると思います

長い文章は検索が好む傾向にありますので
長い文章がおすすめですが
見る側にとっては
長すぎる文章よりも
ページ分けをした方が良いと思います

できれば無理に思い浮かべて
程度の低い記事を書くよりも
自然と思いうかんだ
文章をかくことをおすすめします

【補足】
とある有名なサイトで
これからもう一度過去の記事を
読み返して
修正を行っていきたいといった事を言っていました

私自身も
その言葉を見たときに
自分のページもいつかは読み返して
修正を行いたいと考えています

ウェブで成功するためには、
ウェブをとことん知り尽くす必要があります。
人の振り見て我が振り直せ」ではないですが

他のサイトのホームページを自分なりに指摘するのも手の一つです
「このサイトここはこうした方が良いのでは?」

誰のためにサイトを作るか?

あるサイトで

ページを作る際に「一人に向けて」作ると言っていました
最初は
「一人のために?」と思っていたのですが
最近ようやくその意味が解ってきて

ページを作る際に
「一人のその人のために!」
できるだけていねいに作るようになりました

検索をかけて
このページにたどりついたのだから
理解して帰ってもらおう!

そのためには
どうしたら良いか?
結論として
画像などを使い
その一人の人をイメージして作ることができます
そうしてできたページは完成度が高いので
この効果は絶大です

一人のためにと思い作ったページは
結果的にみんなから読まれるページになると思います

見出し

ブログを書くテクニックとしてまとめてみたいと思います。

私自身としては、アドバイスや口出しをできるほど、文章力はなく
むしろ、文章力を身につけるテクニックを教えてもらいたいほうなのですが、

そんな私でも、ブログを書くテクニックとして
一つだけ必殺技があります。

その必殺技をまとめてみます。

まず文章を読み返した時に、
ごちゃごちゃな記事になってしまうことが良くあります。

記事自体が「でこぼこ」としてしまい、
全く手が付けられない状態になってしまいます。

それを修正しようと思っても、
時間ばかりかかってしまい、
なかなか先に進むことができません。

そんな時に使うテクニックの一つとして
「見出し」を挿入することです。

見出しとは文章のタイトルで

同じ記事でも、
話を切り替えることができます

もし、
ブログなどの文章を書いていて
行き詰った時は思い切って「見出し」を入れてみてください。

不自然だった記事が
意外にスムーズな記事へと仕上がると思います。

とくに長い文章を書くときは
見出しは必要になります。

見ている側の人にもわかりやすくなると思いますし。
デザイン的にも見やすくなると思いますので

ぜひ試してみてください

このように見出しを入れる

こうすることで話を別の話題に切り替えることができます

もし迷ったときは、とりあえず墨付き括弧で代用することもあります。

【墨付き括弧は見出しにも使える!】

これでも十分に役目を果たすと思います

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク