アクセスアップをはかるための記事つくり

アクセスアップをするためには検索からの流入が必要です。
そのためには検索の結果の一ページ目の上位表示させることが
なによりも重要だと思います

私のサイトの中でアクセスが比較的にあるページでは
そのジャンルにかかわる記事が盛りだくさんにのせてあります
ざっと数百ページに及び、
アクセス数も一日に1000近くあります。

やはり情報量が多いとそれだけ検索の上位の表示がしやすく
ユーザーや検索にとっても好まれるページとなると思います

ユーザーに答えを導き出すことが
検索の上位表示につながると思っています

情報量が大事

例えばですが「釣り」に関する記事を載せている
サイトがあった場合では、
釣りに関して色々な記事を書くことができます

魚の種類であれ
釣竿に関しての記事
釣り方のポイントなど
釣りに趣味に持っている人であれば
情報がたくさんあることだと思います

そういった
自分の好きなジャンルを徹底的に
記事として書くことで検索の評価を高めることができると思います

そしてユーザーにもわかりやすいナビゲート作りも大切です
ユーザーを迷わせてはいけません

ユーザーイコール検索に好まれるサイトなると思います

私自身としては得意なジャンルとして「車中泊」があげられます
車中泊を経験した事がありますので
その当時をふりかえり記事に書くことで
たくさんのまとまった記事を書くことができます。

いまの時点では「車中泊‐目指そう!物知り博士」では検索の
上位表示はされていませんが

これから記事を書いて行けば
「車中泊」と言ったキーワードで上位表示できる可能性があります

車中泊

これからもどんどんと車中泊について記事を
書いて「車中泊」と言った言葉を
ふんだんに意識して使っていこうかと考えています

そうすることで少しでも検索の上位が狙えると考えています

車中泊の体験は結構前の話なので
忘れてしまっていることが多いのですが
時折、ウォーキングなどをしているときに
車中泊をしていた頃のを思い出すことが良くあります

そういった時にメモを取り記事を膨らませていきたいと考えています

無理矢理に思い出してもなかなか思い浮かばないので
こればかりは気分に任せたいと思います

車中泊の記事を書きたければ
同じ車中泊を行っている人のページを見て
「自分もこんなことがあったなぁ」とおもいながら
記事を作成することもできます

アクセス解析は宝の宝庫です

これを活用しない手はないです

最近気づいたのですが
アクセス解析でキーワードが復活していました

どのキーワードで閲覧しているかがわかるととても便利です

一時は表示できない状態でしたがやはりこの機能はとても便利です

【アクセスを増幅させるために取り組んでいること】
まずはアクセス解析を見て
そのキーワードや閲覧時間を見ながら
記事を追加したり他のページに関連を付けたり、
見出しを加えたりと改善をしています

【閲覧数を稼ぐためには「読ませる工夫が必要です」】

閲覧している人には
「迷路のように迷い込んでもらい突き進んでもらおう!」
これが検索にとって一番重要です

検索は
その動向を見ています
閲覧したページの行き先や時間などをもとに
その要素を検索の順位として決定づけていると思われます

そのためにはページをめっくてもらう工夫が必要です

自分で閲覧者の立場になって読み直し、的確な場所でリンクを貼り付けます

これはよくネットで議論があるのですが
文字数は少なくても良い?
文字数は多いほうが良い?

私の見解としては
意味のある長い文章が絶対に強いです

長い文章

検索をしていると、思わぬ違う形で知識を
得ている事ってよくあると思います。

検索を意識するのであれば、
関連するキーワードはたくさん使うとよいと思います。

例えば競馬の話題でも、
馬に関する事や馬券に関する事、過去のレースの事など
知っている事をふんだんに使うことで、より自然と
文章が長くなっていくと思います。

出来れば、文章は長ければ長いほどよいと思います。
ユーザにとっては、少し好ましくないかもしれませんが、
検索の評価としては
キーワードをたくさん使っているサイト=情報がたくさんある
とみなすと思います。

【ひたすら良い情報を届けよう】
この気持ちが大事だと思います
自分の自己満足のサイトではなく
少しでも人の役に立つ情報をコツコツ事と書いていれば
今はアクセスが薄くても
この先のアクセスアップにつながると思います
このエントリーをはてなブックマークに追加
     


スポンサード リンク