目標は閲覧数1000

ホームページを作る際に、当初は1日1000人位の
閲覧者数になればよいなぁと夢みていました。

今では少しずつコンテンツ(内容)もふえてきて、
徐々に閲覧者さんの方もふえてきてくれています。

ここで感謝したいと思います。最初の頃は例え一人でもみにきてくれる人がいれば、
それでも続けていきたいと意気込んでいました。

今ではみにきてくれている人に感謝するとともに、コンテンツを増やしていきたいと思います。
あまり出来は良いとはいえませんが、色々、試行錯誤しながら作っています。
当初の気持ちを目標として、必ず、必ず、目標を達成したいとおもいます。
目標は内容を充実させて、 閲覧者数一日1000を超えて、
キープする事を目標にしたいとおもいます。

それと、もし目標を超えたとしても、チャレンジ精神を忘れず、
怠ることがないように、さらに上を目指したいとおもいます。

【追記】
今の目標は、サイト全体で一日のアクセス数を10000にすることを
目標としています。

もしそれが達成したら10万アクセスを目指すことになると思います。

インターネット収入でも同じく、
まずはじめに一円を目指すとよいと思います
それが達成できたら、今度は100円を目指すようにします。
そして次は100円をキープする事を目標とします。

そうする事で、自然とアクセスが上がっていると思います。

そのキープするためには、より頑張ろうと思うので、
ステップアップをする目標を立てて行けば、いつの間にか
達成しているかもしれません。

アクセス数1万となると、よほどに頑張らないと
その壁を乗り越えることはできないと思います。

ましてや、継続して維持するのも並大抵の苦労ではないと思います。

私の場合ですと、目標設定は、5000や8000と言った
数字は省いてしまう傾向があります。
1000を目指したのであれば、次は1万、1万を達成できたのであれば
次は10万とかなり、段差が大きいです。

以前にページ数を「10000ページ数を目指す」と言った記事を書きました。
まだ達成には、ほど遠いですが、
その目標があるからこそ頑張って記事を書けるのかもしれません。

ページ数10000

ホームページのページ数を1万ページを作る事を目標としています。

この目標はものすごく、私にとっては高い目標だと思っています。
その理由に単純な考えで1万人の人にホームページを見てもらいたければ
「1万ページを作ろう!」と、言った単純な考えで、
下手な鉄砲も数打ちゃ当たると言ったおうちゃくな考えから、この目標を立てました。
目標は高く持っていれば、そこに近付けるのではないかと思っています。
たとえ半分の5千人の方が見に来てくれても心の中ではすごい事だと思っています。
大学で例えると東大を目指していれば、慶応大学や早稲田大学に入る力をみにつけていると言った感じではないでしょか?
私からしてみれば、慶応大学や早稲田大学でも、すごいと思ってしまいます。
以前に「バスの免許の取り方のページ」を作りました。
その内容としては、私がバスの免許を取った時に、知った情報や
アドバイスできる事を載せています。
世の中にはたくさんの人がいますので、
1日1人ぐらいはバスの免許に興味を持ち検索する人がいるのではないかと思っていす。
と言う事は、この1ページでその日に1人見に来てくれる計算になります。
もしそういったページが一万ページあったとしたら、1万人の人に見てもらえる可能性があるかもしれません。
実際はそうはうまくはいかない事はわかっていますが
中には「バスの免許」のページを5人の人が見てくれる場合もあると思います。

CMS(コンテンツマネージングシステム)

ページを増やす工夫として、ブログを使うようにしています。
ブログはブラウザ上で更新できますので簡単にページを増やす事が出来ます。
ブログサービスをつかうのもよいのですが
思い切ってワードプレスのcms(Content Management System)コンテンツマネージングシステムを使うことにしました。
ワードプレスの場合はプラグインを使う事でパーマリンクの設定ができたりします。
パーマリンクとはこのアドレスとしては http://mezasou.com/dr/5などの5の部分になります。その部分を自分で好きなように変えることができます例えば http://mezasou.com/dr/aboutと好きな英数字[about]と使う事もできます。

このメリットとしては、アドレスが変わらない事なので、もしブログサービスでブログを作った場合に、万が一ブログサービスが終了する事になった場合にはデータは戻ってきますが、アドレスが変わってしまいます。

ページを量産するために

ページを量産するのであれば効率よく作るようにした方が良いと思います。
例えばフォルダ名やファイル名にしても、あまり長い名前や
わかりにくい名前ですと、
覚えるのも大変ですし、
打ち込む時にも時間がかかってしまいます。

数年後にそのファイルを見たときに自分で作った覚えのないような
名前になっているかもしれません。

英語が得意な人であればよいのですが、
あまりなじみがないのであれば、無理をしない方が良いと思います。

私は数字やアルファベットをよく使うのですが、
今では、とても管理がしやすいです。

数字の割り当てる方法としては、なるべく間隔をあけるようにしています。
1や4,6など間隔をあけながら番号を割り当てていきます。

もしそこでくいこませたい時に2や3を使うようにしています。
もちろんこの状態のままになってしまうかもしれません。

「番号が並んでいないと気持ちが悪くていやだ」という人には
向いていないかもしれませんが、

ある程度気にしない人であれば、この方法も視野に入れておいてもよいと思います。

番号に入り込む隙間がない場合は、
親子関係を作る場合があります
例えば1が親として、1-1や1-4とこれも間隔をあけていきます。
いざという時に入り込ませるためです。

そこでどんどん作り上げていくと
いがいに番号がうまくうまっていくと思います。

家みたいなものと考えるとよいと思います

家は二階からは作る事ができませんので
あまり大きい数字から始めないほうが良いと思います。

最初は間隔をあけながら作っていき出来上がる頃には、
結構数字が埋まっていきそれらしくなっているとおもいます。

ムーバブルタイプとワードプレス

ワードプレスでブログを作るようになりました。
そのワードプレスの最初の印象はと言うと

少しとっつきにくいイメージがりました。
改行のタグなどが自動に挿入されたりと
若干に使いづらいイメージがありました。

でも、ワードプレスの場合は
なんといってもプラグインが豊富ですので、

自分が気に入らないなとぁと思った事が
いがいにプラグインで賄う事が出来たりします。

「なんてワードプレスは使いやすいんだ」と絶賛するばかりです。

私の場合は、複数のブログでワードプレスを管理していますので、
なおさら、使いやすさと、その使う人のためを思った作りが
かかす事が出来ない存在になっています。

よく比較としてムーバブルタイプとワードプレスでは、どちらが良いのと
言ったコメントを見かける事があります。

私的には、ムーバブルタイプも悪くはないのですが、
評価としては若干に、ワードプレスに軍配があがります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク