バックアップをわかりやすく

バックアップとは、データーを複製することを言います。

パソコンを始めたころは、
バックアップといった言葉を聞いても
いまいちピンとこず、解りずらいといったイメージでした。

もしそこで、
私が理解している説明で解説をするのであれば

生活であれば、

「大切な書類」があるとします。

その書類は一枚しかなく
その紙で書かれた書類がなくなってしまったら
中に書いてある大切な情報は失ってしまいます。

そうならないためにも
万が一のことを考えて複製をしておかなければなりません。

その手段として

・手書きで丸写しをする
・その書類の中身を写真で映しておく
・コンビニでコピーを撮りに行く

などいろいろな方法が考えられます。

パソコンでも同じように
・CDにコピーをしたり
・ハードディスクに保存する
・メモリーカードに保存する
などいろいろな方法が挙げられます。

用途に合わせてバックアップをすることで効率も上がりますので
万が一のことを考えて、バックアップはこまめにとることをお勧めします

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク