ブログやウェブサイトでやってはいけない事

ブログやホームページを使い、
アリフィエイトなどで収入を得ようと考えている人もいるとは思いますが、
その時に注視点としてやらないほうが良いことがあります

それは、自分で試してもいない商品や、
食べたことのない物を人へ勧めることは
絶対に避けるべきです。

あるサイトで

絶賛していた食べ物がありました。

私も興味を持ち
食べてみたのですが

少し癖があり、とてもおいしいとは言えませんでした。

その人にとっては本当においしかったのかもしれませんが、

ちょっとあまりにも癖がある味で

「これ好きな人いるか?」と思うぐらいの味でした。

たぶん、もし私と同じ感想を持った人であれば、
そのサイトの信用性を一気に失うと思います。

誰もが絶賛するような味でなければ、
一言コメントを加えるべきなのかも知れません

「かなり癖のある味です!」

でももしかしたら、食べていくうちにやみつきになるのかもしれませんが
最初のインパクトとしては、衝撃でした。

自分を出しすぎない

私もホームページを作る時の最初のころは特にそうだったのですが、
テーマが決まらずに
自分の事ばかり書いてしまい「自分色」の強いホームページになってしまいました。

私の趣味は、こうで、自分の好きな曲は○○で
自分の住んでいる天気は晴れだとか
後からみると誰がこんなの興味あるんだと思ってしまいます。

芸能人や有名人でもない限り、
見ている人はそんな、見ず知らずの人の趣味などにあまり興味を持たないと思います
もしかしたら、後々に少しずつ知られてきて、ちょっと興味は
持たれるかもしれませんが
それでも、自分中心のホームページは
魅力ある人を除いては、無理があるのではないかと思っています。

もちろん自己満足のページとしては良いかもしれませんが、
本当に見てもらいたいのであれば、少し自分を出しすぎない方が良いと思います

もしどうしても意見を載せたいのであれば
何か一つに絞るとよいと思います
例えば映画をたくさん見たことがあり
その面白さを自分の感想とともに載せたり
その他、飲み物などにしぼって、今までの美味しかった飲み物の感想をまとめて
レポートした方が良いと思います。

≪例≫
昔にパン屋で働いていたことがあります。
その時に、食パンを一本丸ごと買ったことがあります。
その食パンはとても美味しく、中にはちみつを入れていると言っていました。
これは実話ですが、
この記事では、意識をして書いてみました。

まず、食パンって一斤(きん)ではなく一本を丸々買える事、
次に隠し味に蜂蜜が入っていることを情報として書いてみました。
知っている人には、ねむたい話かもしれませんが、
知らない人にとっては、役立つかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク