ページランクの影響

グーグルの評価として
それぞれのホームページには、ランクが付いています。

ページランクは10段階あり高いほど良いことになります
そのページランクは他のサイトからリンク数などでランクが決まります。
言いかえれば、他の良質のサイトからたくさん紹介されているほど
ランクが高くなります。

つまりは信用度が上がります。
個人的な意見として信用度がないホームページは
ペナルティーを受けやすいと思っています。

でもグーグル側の方では
ウェブマスターに向けて
ページランクは気にしなくてよいといったことが言われています。

しかし、いくらグーグル側が気にしなくてもよいといっても
やはり気になるところです。

【追記】
ページランクがつきました
トップページはいぜん0のままですが
サブページのページランクを確認したころページランクが1となっていました

ページランク

ホームページやブログを作っていて、
ページランクは気にする必要はないとよく言われますが、

やはり、ページランクが低いよりも高いほうが気持ち的にも
かわってくると思います。

そのページランクを左右するのは、
ページランクが高いサイトからリンクをもらうのが効果的です。

例えば、
影響力の高いブログなどからのリンクは、なお良いと思います。

有名ブログの著者や
有名人などリンクがもらえたら価値がありそうです。

例えば、有名人の例として
秋元康さんや総理大臣の阿部さんなどが
推薦しているとなれば、
比較的に、信用は高いと思うのが普通だと思います。

ページランクは一般の人が見れるページランクと
グーグルが公表していないページランクが存在していると
言ったことはよく聞く話です。

確かに、
ページランクを10段階というは、
少しおおざっぱなきかしてしまいます。

何かに例えるなら、視力のように
2.0までしか存在しない!

マサイ族であれば、もっと必要になってくるかもしれません。

ページランクの高そうなサイトを見ていると
かなり積極的にコメントをしていたり、
コミュニケーションの場で発言をしていたりするような気がします。

たとえば、グーグルが思う「信用のある有名な人」の友達であれば
多少たりとも、評価があるのではないかと思っています。

ページランクと検索

ページランクが低いサイトでも検索の上位には
表示されます。

でも高いほうが、もっとどっしりと君臨するのではないかと思いますので
ページランクは高いほうがよいような気がします

ページ速度

インターネットで検索をかける時に
ページの表示速度が速いほうがストレスもなく
「快適」にサイトを訪問することができます。

検索順位を決める中で
ページのスピードは、重要だと言われます

たとえばいくら良い記事を書いていても
ページの速度が遅ければ問題となってきます。

待つのに慣れている人であれば別ですが
せっかちな人では、
ページの表示されるのに10秒もかかっていては
離脱する結果となってしまいます。

ページのスピードは速いほうが
サクサクと見れますので

より多くのページを見てもらうことができます
そうなると必然的に検索の評価も上がります。

人が待てる時間をたとえば
5秒だと考えるとどうでしょう

私ならこの辺が微妙な所です

ページ速度は早ければ早いに越したことはないと思います。

目指すところは2秒以内です

パフォーマンス向上

パフォーマンスとはコンピュータの処理を実行する能力を表す言葉として
パフォーマンスと言った言葉を用いる事があります

ホームページを作成しているいじょうは
多くの方にホームーページを見てもらいたいと思っています

そこで改善できる部分は
できるだけ改善をしていこうと考えています。

あるサイトで、空白を一文字でも省略できればと言っていた
サイトがありました。

そこまでと思うかもしれませんが、
その気持ちも大事なのかもしれませんね

余計な空白や改行があればそれだけ無駄な処理になると思います。

あるページで試したのですが、
無駄な空白だらけのHTMLファイルがあり、
自分では見た目てきにも読みやすく解りやすかったのですが、

あまりにもひどい空白だらけなので
思い切ってそのページの
空白などをできるだけ削除をしてページのスピードをあげることに
チャレンジしてみました。

計測にかけて
結果を見たら、早くなっていたことが確認できました。
体感的にも快適にページを移動できるようになった気がします。

そのほかに試せることは試してみたところ
げきてきに変化はありました

たとえばカラーコードで

#ffffff #fff

は同じ意味なので

省力できる部分になります

検索ではページの表示スピードも見ているといわれています。

早いページは評価されます。

これは聞いた話ですが、
遅いからと言って検索の順位が落ちるわけではなく
早いほうが評価が上がりやすいといったことが言えるそうです

スプライト

ホームページの高速化として
画像容量をコンパクトにする「スプライト」の手法を紹介したいと思います

以前にも
オセロのサイトを作る際にスプライトを使ったことはあるのですが
今回は
トップページで導入をすることにしてみました。

そのトップページでは
たくさんのアイコンを使っているので
それだけページの表示する時間がかかってしまいます。

そこで、めんどくさいのですが
スプライトにしようかを迷っていたのですが
ついに決断をしました。

例えば
たくさんの画像を使っているとそれだけ
ページの表示時間がかかってしまいます。

そこで画像を一つにまとめて
必要な部分を座標でとってしまおうと言った感じです。

ちょうど郵便局へ行くと切手がつながって売られています
その切手を必要な部分を切り取るようなイメージです

こうすことで、
ページの速度が改善されます。

画像が多ければ多いほど体感できる速さになると思います。

そこで、自動でやることもけんしょうしたのですが

すぐ終わりそうだったの手作業で行いました。

意外にスムーズにいったので
作り方の参考にしてみてくさい。

まず同じ大きさの画像だったので

とりあえず枠組みを作りました。
そこで順番を合わせその枠の中におさめます

そして座標を取りその枠を外します。

かなり思っていたよりも楽な作業でした。
これで自分的には激的に表示スピードが速くなったようなきがします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ