セキュリティソフトを入れる意味

まずはセキュリティソフトとは何か?
セキュリティソフトはコンピュターをウィルスの
攻撃などから守るためにパソコンにとりいれるソフトになります

以前に聞いた面白い話がありました。

なぜ、パソコンのセキュリティソフトを入れるのか?
の質問に対して、

家のセキュリティーの話に例えられていました。

たとえば、セキュリティソフトを入れていない状態では
家の玄関を開けっぱなしの状態をあらわし、

もしかしたら、そのすきに入られてしまう可能性があります。

でも、いくらセキュリティソフトを入れたからといっても
もしルパン三世のような人に狙われてはおしまいだということです。

そのことからも、セキュリティソフトを入れたからと言って
完璧とは限りませんので油断は禁物だということです

サイバー攻撃

まずサイバーの意味としては
「コンピューターの」や「インタネットの」を指します

サイバー攻撃とは、コンピュータシステムを攻撃して、
不正に情報を盗み取ったりコンピュータを使えなくしたりすることを言います。

その「サイバー」の意味としては、
「インターネットの」や「コンピューターの」
を表しています

メールなどに
不正に操るプログラムを仕込み操作を行います。

そのため、知らない人からのメールなどは、
むやみにあけないほうがよいです。

そこには不正なプログラム(ウイルス)が仕込まれている可能性もありますので、
知らない人からのメールでは注意が必要になります。

ハッキング

ハッキングとはコンピュータに熟知しものが
他人のコンピュータシステムに不正に侵入したりする事を「ハッキング」と呼びます

コンピュータのハッキング技術を競う
初となる国主催の全国大会が2013年2月に行われています。

「ハッキング」と言うと悪いイメージを持ってしまいますが

その狙いは「正義のハッカー」を育てる狙いがあるようです。

アメリカでは20年前から行われているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク