パソコンの目が疲れる原因がわかった!

パソコンを使っていて目が疲れる原因の特定できました。

最近特にテレビを消しながら
パソコンをやることが増えていたのですが、

久しぶりに、タモリ倶楽部を見ながら作業を行っています
見ているというよりも
目線はテレビより下で
どちらかというと音声を聴きながらの
パソコンの作業となります。

最近は目の疲れもあまり感じなかったのですが、

これは明らかに、テレビがついているときだけに起きる現象であります。

そしてこれは私だけなのかもしれませんが
テレビをつけながらの作業では、
玉ねぎを目に近づけたような痛みが走ります。

おそらくは確実に
ここに原因があるとは思います。

直接にテレビを見ているわけではないのですが
やはり、光は入ってきていますので余計に疲れます。

古いパソコン

少し眠っているパソコンを起動させて、
パソコン内のファイルを整理していたのですが、

30分もモニターを見ていると、
目がチカチカしてしまいます。

最近のパソコンのモニターがいかにすごいかが解ります。

【目が疲れるいくつかの注意点】

目の疲れは絶対にやわらげてあげないと、
今後の作業に響いてしまいます。
20分の作業をして、
少し休んでまた20分作業を行う
こう言ったように繰り返しながら、
作業方法を取るとよいと思います。

それと、パソコンをやりながらテレビを見たり、
なにか自分にたいして反射する物があると、
目がチカチカしてくる事があります。
例えば太陽の光がプラスチックなどに反射して自分の視界の中に
入っていると目が余計に疲れます。
できれば反射する置物などは位置を変えたりと工夫したほうが良いです

周りの明るさ

夕方頃になると目が疲れる原因がわかりました。
夕方になるにつれ、周りが暗くなってきます。

これは何度も経験している事ですが、
暗闇の中で作業をしたりしていると
目が極端に疲れてきます。
一時的な視力の低下にもつながりますので、
少しくらいなと思ったら電気をつけて作業を行った方が良いとおもいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク