イラストを描く

時間ごとに画像を変える方法

ホームページを作り始めてから心がけている事があります。それはページごとに、
なるべくイラストを使うことです

その意味としては、最初に訪れてくれた時に、文字ばかりがぎっしり詰まっているのではなく

少しでも柔らかいイメージを持ってほしくて使っています

それと文章の合間にも、箸休め的な意味を込めて使う事があります。

例えば、閲覧してくれる側の立場になって、文章を読んでみた場合に「この辺で読むのに疲れたなぁ」と思ったら、
その場所にワンポイントでもイラストを使うか空白を持たすようにしています。

イラスト

【イラストを描く】
私自身はホームぺージを作るまではイラストなどは、
まともに描いた事はなかったのですが
意外に私みたいな絵が下手な者でも描けることが解りました

ペイントソフトには丸や四角がきれいに描けますので
それをうまく使って描くと意外にそこそこな仕上がりになります。
それと記号を使ったり文字の形なども変えると見栄えが違ってきます。
例えば: 急いでいる感じを出したければ、くずした字を使い
少し昔風にしたかったら江戸流などを使って古風な仕上げにします。

————-
表現を伝える
————-

書体

【私が実感したポイント】

・影をつけると見栄えが良くなります
・重ね合わせて立体感をつける
・なるべくたくさんの色を使う
【豆知識】

一見、少ない色しか使っていないようなイラストでも
良く見るとたくさんの色を使っています。
メインで使う色に似たようなものを使い
光に照らされたようなイメージをだします

イラストベスト[4]

意外にうまくでき、自分で気に入っている物のベスト[4]をつけてみました

[1]窓
[2]ポスト
[3]オセロ
[4]目安箱

窓のイラストポストのイラストオセロの必勝法イラスト目安箱のイラスト

自分流のイラストの描き方

記号で作ったがくぶちのイラスト

他にも各ページに使っていますので、参考になるかは解りませんがよかったら見てみてください
これからも少しでもうまく描けるように努力したいと思います

イラスト集

【イラスト作りのポイント】

イラストを作る場合に心がけている事

・イメージを立ててから作る
・以前に作った物を差し込んで使う
後者の場合は、後のせ感がありますが、
以前に作ったものが以外にイメージと
マッチすることが多々あります。
と言うようりも無理やり近づけます
暇な時間がある場合は、色々と作っておきます
使う時が来た時に修正しながら仕上げていきます。

【ここで雑学】

色の中で赤が目立つ色とされています。
窓の外に映るもので一番最初に目についた色をあげてもらうと
最初に赤と答える人が多いそうです

目に良いとされる緑色
緑色と言えば黒板などが思いつきます。
その緑色は集中力を保つ色として使われる事があるそうです

教授のイラスト

ちなみにこのイラストは手書きでかいた物です。
一生懸命に書いた思いもあり、最初はあまりの出来の悪さでしたが
なんとか修正して使うことにしました。

【メモ】

イメージとしては
メガネをかけていると頭がよさそうに見えますので
メガネを採用する事にしました。
ちなみに私はメガネは掛かけていません

ちなみにこのイラストはスキャナーからパソコンに取り込んだ物です。
スキャナーとは一般にコピー機のような物を介してパソコンに取り込みます。
今はもっと進化していてハンドスキャナー(携帯用)などもあると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ